“evdev-right-click-emulation” はタブレットで Linux を使うのにすごく便利

タブレットで GNU/Linux を試したことのある方なら,タッチスクリーンでは右クリックできないことにお気づきのことでしょう。

Gnome 3 はこの問題の解決に取り組んでいるようですが,まだ不完全です。キーの組み合わせで右クリックを発生させるようなスクリプトでさしあたり右クリックできるようになりますが,Android や Windows と比べてあまりに不便です。

そんなわけで,これは X か何かの設計上の問題に起因していて解決は困難だろうと思っていました。この小さなプログラムに出会うまでは。

Peter Cai さんによる evdev-right-click-emulation は,デバイスを低レベルで直接読んで長押しを検知するというシンプルな方法で,右クリックの問題をほぼ解決しています。

このやり方はおそらく正攻法ではないのでしょうし,何らかの予期しない問題を招く恐れもありますが,evdev-right-click-emulation がタブレット上での GNU/Linux の UX を大幅に改善することは間違いありません。

“evdev-right-click-emulation” is a smashing useful tool for Linux tablet users

If you’ve ever tried GNU/Linux on tablet devices, you might have noticed that you can’t do right click with a touchscreen.

Gnome 3 seems trying to solve this problem, but it’s still incomplete. Hacky script like emulating right click with key combination may work as a workaround, but it’s a too awkward way compared to those of Android or Windows.

I believed this should a design problem of X or something and too hard to fix… Until meet this tiny program.

evdev-right-click-emulation by Peter Cai have successfully (almost) solved that problem with simpler way; read devices directly and detect long tap.

Though this mean might not a kind of entering at the front door and possibly cause unexpected errors, it is certain that evdev-right-click-emulation drastically improves UX of GNU/Linux on tablet devices.

有線メンブレンキーボード ELECOM TK-FCM103BK ミニレビュー

背景

買った理由

特定のキーばかり酷使するソフトウェア操作や WASD を酷使する(カジュアル)ゲーミング用に,安くて丈夫なメンブレンキーボードが欲しくなったため,1040円で購入しました。

無線 USB ドングルタイプという選択肢もありましたが,プロプライエタリの無線プロトコルは Mousejack 脆弱性への対応から Logicool (Logitech) の Unifying 以外は全く信用しておらず,その条件では良いものがなかったため,有線キーボードを選びました。

使っているキーボード

基本的にテンキーレスのコンパクトなキーボードしか使いません。

普段使っているのは ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード(パンタグラフ)で,ときどき気分転換に GAMDIAS HERMES E2 (メカニカル・ノーブランドスイッチ)の青軸と赤軸を使っています(以前1枚2000円とメンブレン並に安かったのでつい……)

その前によく使っていたのは SANWA SUPPLY SKB-KG3BK というメンブレンキーボードで,コンパクトながら無理のない圧縮配列なのが特徴です。SKB-KG3BKN としておそらく同じものが現在でも販売されているようです。

しかし,実際のところ,打っている時間が最も長いのは Let’s note SX2/3 のキーボードです。

ELECOM TK-FCM103BK ミニレビュー

配列

通常の JIS キーボードからテンキーを取り除いただけの素直なテンキーレス配列です。今回この機種を選んでみた理由はこれです。

もっとも,使い始めてすぐに気づいたのは,Let’s note のキーボードに慣れた自分には PageUp/Down などのキーは独立していても特にメリットにはならず,むしろ Fn と方向キーの組み合わせのほうが使いやすいということでした。これまで使っていたキーボードと比べて方向キー等の島の分幅が大きく,トラックボールまで手を伸ばす距離が増してかえって使いにくく感じます。これは盲点でした。

筐体

流行に真っ向から反した分厚い筐体で,見た目もシックでクラシカルな雰囲気です。

おそらく鉄板などは入っていませんが,値段からすればかなりしっかりした作りです。

キーピッチ・キートップ

19mmキーピッチで,キー表面の曲面加工なども適切です。

キートップの印字はレーザー刻印のはずですが,少しの使用でくすんできます。

打鍵感・キーストローク・打鍵音

TK-FCM103BK キートップ

打鍵感はやや重め,かつ不安定で,あまり良くありません。Logicool K270 などに近い感覚です。

キートップの端のほうを押すと打鍵感が変わるのみならず,うまく入力できず取りこぼすことがあり,イマイチ設計がよくないように感じます。

筐体よりこっちにコストをかけてほしかった……

使えないほどかと言うとそうでもありませんが,同じメンブレンでも,たとえば Lenovo プリファードプロ II USB キーボード などのもう少しちゃんとしたものと比べると歴然たる差があります。

打鍵音はメンブレンとしてはやや大きめですが,この価格帯では一般的な程度です。

総評

メンブレンであり,1000万回のキーストロークに耐えるとする(もっともこの公称値は特に高いものではなく,メンブレンキーボードとしてごく一般的な数字です)など安価ながら一定の耐久性は期待できるため,この配列の静電容量無接点/メカニカルキーボードを愛用している人のサブ用など,配列に高い価値を見いだせる場合はアリかもしれませんが,一般的におすすめできるかというと微妙なところかと思います。

Debian 10 + Xfce + Let’s note RZ4 で画面自動回転

GNOME 3 であれば iio-sensor-proxy 経由で加速度センサによる画面自動回転にデフォルトで対応していますが,GNOME 3 はラップトップのデスクトップ環境としての実用性が限られているという問題があります。しかし,Linux の常としてセンサの入力もデバイスファイルとして扱われているので,他のデスクトップ環境でも,簡単なスクリプトで状態を読んでやれば画面の自動回転ができるようになります。

とはいえスクラッチで書くのも大変なのでとりあえず ArchWiki で紹介されている “rotate.py” を試してみたところ,そのまま画面回転ができました。

ただし,このスクリプトでは RZ4 のタッチパネルは想定されず,このままではタッチ操作のジオメトリが変わらずに表示とずれてしまいますので,ちょっとだけ修正する必要があります。幸いにも処理の実際の内容である xinput での設定自体は全く同じでよいので,タッチパネルとして扱わせるためにスクリプトが用意しているリストに書き加えるだけです。

RZ4 は eGalax 製のデジタイザを使用しており,xinput –list –name-only での表示名に(”touchscreen” “wacom” は含まれず)”eGalax” の文字列が含まれるため,

touchscreen_names = ['touchscreen', 'wacom']

とある行を

touchscreen_names = ['touchscreen', 'wacom', 'egalax']

と書き換えてください(入力を一度小文字にした上で比較しているので,すべて小文字の egalax と指定してください)。

あとはこの rotate.py を自動起動して常駐させるなり,必要なときに起動するなりすれば, Xfce やその他のデスクトップ環境でもばっちり画面回転できるようになります。Onboard と組み合わせればタブレットとしてそれなりに実用的に使えるようになります。

余談:
この機種は Buster ではバックライトをホットキーから調整できない問題がありますが,例によって xorg の設定ファイルを追加するだけで対応可能です。

La Frite AML-S805X-AC (1)

Kickstarter で back していた Libre Compter 製 La Frite AML-S805X-AC が届いたので,とりあえず写真だけ簡単に紹介。

La Frite は珍しい Amlogic 製 SoC を搭載した SBC で,メインラインカーネルでのサポートを含めたソフトウェア面にも力を入れるというのが売りです。ボード自体も比較的安価(Early bird で 1GB モデルが送料込み $19,通常 perk で同 $24)な割に高性能・低消費電力であり,モダンな仕様でいろいろ遊べます。もっとも,Raspberry Pi 4 model B が登場した今となっては,インパクトを欠く印象は否めませんが。

SoC Amlogic S805X
CPU Quad Cortex-A53 ~1.2GHz
GPU Mali-450
RAM DDR4 1GB or 512MB
ストレージ USB メモリ・別売専用 eMMC 対応
ブートローダ U-boot(NOR フラッシュ)

Libre Computer はこれまでにも量産実績のあるベンダですが,いままでのプロジェクトよりかなり back 数が多かったせいかやや苦戦し,半年以上遅れての発送となりました。多忙のせいか終盤には進捗報告を欠くことも増え,「一体どうなったんだ」「せめて進捗を教えてくれ」「静かに待つしかない」などコメント欄に不穏が空気が流れ始めたところで突然「やあ,大体終わってそろそろ発送するから週末までに配送先を確かめといてね」とのアップデートがあってずっこけたのもいい思い出です。

La Frite,配送パッケージ
ぴったりサイズのダンボールに収めて送られてきました。パッケージの中には,静電気防止の袋とスポンジで保護された La Frite が入っています。よい梱包です。ところで,なぜか税関検査で開封されていました。これまでにもいろいろ怪しげなものを個人輸入してきましたが,初めてのことです。たまたま?

La Frite,付属ネジ

短いネジが付属していました。eMMC の固定用?

La Frite,箱表

パッケージと本体の表面。パッケージがかっこいい。珍しい白色の PCB が目を引きます。ハンダ付けもちゃんとしてる。

La Frite,箱裏

裏面。パッケージには概説図が印刷されています。見ての通り microSD スロットがなく,別売りの eMMC を買っていない場合は USB ブートで使用します。2.0なので速度は推して知るべし。PCB は裏面も白く,くり抜く形で LAN ポートが実装されているため薄型です。

La Frite,Orange Pi PC との比較

ここまででお気づきかもしれませんが,けっこう小さく,Raspberry Pi model A シリーズのフォームファクタです。安物 SBC の雄 Orange Pi PC と比べるとこんな感じ。

La Frite,本体表

表面アップ。イイネー

La Frite,本体裏

裏面アップ。サイコー

ただこれ,残念ながら対応イメージがまだ公開されておらず,そのままでは動作確認はできません。(しばらく追っていなかったので開発が今どういう状況なのかはわかりませんが,おそらく芳しくはないのでしょう……)

とはいえ別の SoC 用のイメージでもキャラクタインタフェースは拝めるでしょうから,またあとで動かしてみましょう。

19/07/07追記:6日にプロジェクトアップデートがあり,Debian Stretch および Ubuntu Bionic の対応イメージが正式公開されました(実はそれ以前から開発中のイメージは公開されており,フォーラムなどにリンクがあったようです。見逃してた)。

正直,思ったより遥かに早い展開です。多くの開発者との協力の上に成し得たことであり,自由ソフトウェアの強みが発揮されています。

現在,Debian Buster,RetroPie,Android 9 の作業に取り掛かっているとのことです。

Raspberry Pi 4 Model B 発売

Raspberry Pi の最新機種,Raspberry Pi 4 Model B が発売されました。

主な変更点は以下の通り。

CPU コアが省電力モデルの A53 から高性能モデルの A57 に変わったことで大きなパフォーマンス向上が期待できます(その代わり,これまでもシビアであった発熱はますます厳しくなりそうですが。電力消費も増えますが、電源供給が Type C となったため、相性問題は減るはずです)。GPU も最新の VideoCore VI に刷新されました。GbE や USB 3.0 への対応など,これまで要望が多かったアップグレードも盛り込まれています。ユニークなところとしては、2画面出力に対応しています。

そして注目したいのは,従来の 1GB モデルに加え 2GB,4GB の RAM を搭載したモデルも登場したことです。1GB モデルが35ドルと据え置きで,2GB モデルは45ドル,4GB モデルは55ドルとなっています。LPDDR2 から LPDDR4 となったことで大幅な速度向上が見込めることも相まって,利用の幅はかなり広がるのではないかと思います。

2 Model B 以来の全面刷新と言ってよいでしょう。Raspberry Pi に対する高い期待を更に上回る,素晴らしいアップグレードです。

2019/07/01追記:
4B のベンチマークを取って過去の機種と比較している方がいます。
CPU 性能で従来の2〜4倍,GPU 性能で従来の1.5倍といったところのようです。Cortex-A57,恐るべし。さらに I/O についても,USB3.0・GbE 対応に加え RAM 帯域がほぼ倍,microSD も読み込み速度が倍と大幅に性能向上しています。そこに Raspberry Pi ならではの充実したソフトウェアサポートまであってこの値段なのですから,価格破壊も次のステージに進んだ感じがします。

1000円のポケットマルチテスタ MASTECH M300

写真で見る MASTECH M300

手元に常備できるようなポケットテスタが欲しくて,秋月電子で MASTECH M300 というデジタルマルチテスタを購入しました。

小型タイプであるにもかかわらず値段は税込1000円とお手頃ですが,最近秋月が推している MASTECH という香港のベンダの製品であり,期待できそうです。このサイズで電流測定もできるというのが売りのようです。

M300 外観

△ これが M300 です。安いのに,見た目はなかなかかっこいい。

パッケージ表

△ パッケージはこんな感じ。

パッケージ裏

△ 裏にはスペック表が印刷されています。

M300 と付属スリーブ

△ 塩ビのスリーブケースも付属します。

M300 リードの展開

△ 筐体の周りにぐるっと一周格納されているリードを引き出すとこんな感じ。ちょうど使いやすい長さです。

M300 リードの収納

△ ただ,長さがかなりギリギリなので丁寧に巻かないとうまく収まってくれません(上の写真はうまく収まっていない図)。思ったほど手軽ではないのは残念です。

少し力をかけないと収まらず,リードが断線しないか心配です。この専用のプローブでないと収納できないわけで,リードの寿命が製品の寿命ということになるでしょう(普通のリードをはんだ付けしてポケットじゃないテスタとして使い続けることはできますが)。

2019/06/30追記:きちんと格納しなくても付属のスリーブケースに収まることに気づき、簡単に巻いただけでスリーブケースに入れるようにしています。こうなるとなかなか手軽で快適です。

M300 内部(裏)

△ 電池交換等のための分解はネジ1本でできます。……こうして見るとやはり値段なりのチープさですね。とはいえ,ネジを金属で受けているなど,あくまで工具として設計されている感じはします。

電池は 12V アルカリ電池と少々特殊なものですが,テスタの電池は何年も持つので問題ないでしょう。ただ,デリケートなアルカリ電池しか使えず保管環境を選び,液漏れ防止のため切れていないか定期的に確認する必要があることに注意する必要があります。

また,調整用らしき可変抵抗があります。

M300 内部(表)

△ 基板はツメで止められているだけであり,これも簡単に分解できます。フレキケーブル等を使わずバネ状のコンタクトで接続してある安心設計です。

液晶が接触不良になりそうで気になりますが,筐体裏蓋で機械的に押し付けることで接触を確保しています。

MASTECH M300 の機能面

……については,あまり詳しくないので,評価できません。ごめんなさい。

ただ,いろいろ試してみたところ低電圧ではやや不安定で,3V 未満では 0.05〜0.3V 程度高めに出る傾向があるようであり,精度にはそれほど期待しないほうがよいかと思います。

もっとも,自分がしているように,趣味で Arduino につなぐ回路をいじったり,PC 等のちょっとした調査・修理をする程度であれば何も問題なさそうな感じです。

DER EE DE-200A

なお私がメインで使っているテスタは,中学生の頃に買った DER EE の DE-200A です。

これも機能が絞られたエントリークラスの機種ですが,おそろしく頑丈で、精度も上々です。電池もマンガン電池が使えて安心です。リードもスナップオンで簡単に交換できます。趣味の工作程度なら一生モノじゃないかと思います。

筐体がけっこう大きいことがデメリットではありますが,最初の1台なら断然これがお勧めです。

余談

バッテリチェッカ BT-168D

最近400円前後で出回っている「BT-168D」というノーブランドのバッテリチェッカは,なかなか正確でしかも 3V まで対応しており,かなりお勧めです。アナログメータモデルの「BT-168」というのもあるのでお気をつけください(そちらは1.5Vまでの対応のようです)。安く見かけたらゲットしておくといいかと思います。

これいいかも? OpenWrt 搭載の無線 LAN ルータ「GL-MT300N-V2」

サイバー・ウィンドウ・ショッピング

興味深いネットワーク機器を見つけたので紹介します。UbiquitiMikroTik の製品と同様にカスタマイズ性の高い Linux ベースのルータの部類に属するものですが,完全に家庭用として設計されている代わりにベンダ独自でなく OpenWrt ベースのファームウェアが搭載されており,無線 LAN に対応し,しかもこの手のデバイスとしてはかなり安価(約2200円)……という特長があります。

OpenWrt とは

まずは OpenWrt について簡単に説明しましょう。OpenWrt は家庭用無線ブロードバンドルータ向けの代替ファームウェアのひとつであり,ソフトウェアレポジトリから手軽に拡張可能な Linux ディストリビューションの一種でもあります。

以前、Fon の安価な無線 LAN ルータに DD-Wrt を導入することが流行ったことがありますが,DD-Wrt も OpenWrt から派生したものです 1

OpenWrt では,ベンダ純正ファームウェアでは差別化のためやサポートコスト削減のために除外されているような高度な機能を利用できるほか,Linux の知識を活かした柔軟な運用が可能というメリットがあります。

しかし対応デバイスは限られているほか,電波法の問題があり,無線 LAN ルータで利用できる局面は限られているというのが現実です。

GL-MT300N-V2 とは

そこで GL-MT300N-V2 です。GL-MT300N-V2 は香港 GL.iNET (GL Technologies & Microuter Technologies 社)の小型ルータで,OpenWrt ベースのファームウェアが標準搭載されています。

MIPS 24KEc 580MHz (MT7628N),128MB DDR2,16MB フラッシュメモリというスペックで,CPU には AES-128/256 のハードウェア支援に対応した拡張機能があるので,OpenVPN も快適に利用できそうです。

しかもルータのくせに USB ポートに加え GPIO ピンまであり,拡張性も申し分ありません。

無線 LAN は 11n 300Mbps までの対応,GbE 非対応,5Ghz 帯非対応,アンテナ内蔵で電波の飛びも悪そうと,コンピュータとしてのポテンシャルの高さからするとかなり割り切った仕様ですが,一人暮らしならこれで充分ですし,小型で超低消費電力(2.75W未満) 2というメリットもあります。 3

ルータ親機としての利用のみならず,中継器/コンバータとしての利用にも対応しているため,特にハックせずとも利用の幅はかなり広いでしょう。

……いや,ここまでならよくある開発ボードと言うこともできるでしょう。GL-MT300N-V2 を真にユニークにしているのは以下の点です。すなわち,なんとベンダ自ら中国価格で Amazon.co.jp で販売しており(しかも Amazon 発送),さらに驚くべきことに,技適にもしっかり対応しているのです。

私が知る限り,OpenWrt が標準搭載されて技適に対応した無線 LAN ルータは他に選択肢がありませんし,ベンダ独自のディストリビューションを採用したものでも,手軽に買える値段のものはありません。

カスタマイズ可能なルータを構築する用途に Raspberry Pi のようなシングルボードコンピュータを使うのはオーバースペックであり,発熱の問題に悩まされることにもなりましたが,超低消費電力な CPU を搭載したこの機種であればまさにピッタリなのではないかと思います(もっともこのマシン自体が Raspberry Pi と同程度に安定するのかはまだわかりませんか……)。

個人の勉強用はもちろん,大学や専門学校でのネットワーク技術の教材としても使えるのではないかと思います。

ただし,GL-MT300N-V2 は OpenWrt 最新版安定版 18.16.2 に対応しているものの,開発版リリースでは特に積極的にサポートされていないようであり,次の安定版リリースで公式対応から外れる可能性があることに注意しておく必要があります。

購入リストへ

今のところいじろうと思って放置しているデバイスが多い(La Frite ももうすぐ発送みたいですし……)のでモチベーションがありませんが,この値段はお値打ちですし,無線 LAN が使えるのはユニークです。ホビー感たっぷりの「マンゴー色」の筐体もブツヨクをそそります。いずれ購入したら紹介したいと思います。

19/06/03追記:

後継機種として、650MHzの Qualcomm QCA9531 を搭載した GL-AR750 と 775MHz の Qualcomm QCA9563 と外部アンテナを搭載した GL-AR750S-Ext が国内発売されたようです。

共通の仕様として、5GHz 帯・11ac への対応のほか、16MB の NOR に加えて 128MB の NAND フラッシュメモリが追加、128GB までの microSD への対応など活用の幅が広がっています。

一方で価格は GL-AR750 でも5144円、消費電力も最大6Wと、いずれも倍以上になっており、なかなか悩ましいところです。

Notes:

  1. なお,DD-Wrt は、カスタマイズ可能な Linux ディストリビューションとしてよりも簡単に使える代替ファームウェアとしての側面にフォーカスしている,プロプライエタリのドライバも多く導入することで対応デバイスを増やしている,といった方向性の違いがあるようです。
  2. 同じくらいの CPU と RAM を搭載した一般的なルータの消費電力は10〜20W
  3. もちろん,できればハイパワーモデルや業務用モデルの選択肢も欲しいところですけどね。

ジャンクの VersaPro VC-7 を買ったメモ

秋葉原 PC-NET でジャンクの NEC VersaPro VC-7 (PC-VY14A/C-7) を買ったメモ。

  • C2D SU9400,RAM 1GB(DDR3,MAX 3GB,非公式ながら5GBまで認識可),HDD 120GB
  • むっちゃ軽い。バッテリ込みで実測900g切ってる。軽さに惹かれて衝動買い。
  • こう軽けりゃ当然 SSD に換装するしかない(?)けど,軽さの代償として,分解を前提とした作りにはなっていない。構造上,ダメージ無く分解することはほぼ不可能。この手の作業には慣れてるつもりだけどキータッチが少しおかしくなってしまった…… なお分解レポートを公開してくださっている方がいることもあり,分解自体は比較的簡単(参照:2011年05月04日の記事 | nana1451@たぶん日記 – 楽天ブログ
  • AC がちょっと特殊な 10V 4A のブツ 1で,秋葉原でも発見が難しい。幸いネット通販でなら中古2000円ほどで入手可。
  • RAM は DDR3 で,4GB 追加の合計5GBまで認識することを確認。初期の DDR3 モデルに共通の仕様として,2Gbit チップまでの対応なので注意 2
  • 腑分けしてびっくり,無線 LAN 非搭載モデルだった 3。残念。
  • Debian Wheezy が普通に動く。
  • 自分の個体のバッテリはそれほど劣化していなかった。互換バッテリが売られていないので,バッテリの劣化が激しい個体を引き当てるとけっこうつらいかも。

かかった費用(本体以外は概算)

  • 本体 – ジャンク3780円
  • AC ケーブル – 中古2000円
  • DDR3 SODIMM 2GB – 中古500円
  • SSD 32GB – 新品3500円
  • PC カード wlan アダプタ – 中古300円
    合計:10080円

本体は安かったものの,というジャンク品の王道パターンにはまってしまったなあ。そして,これで実戦可能なモバイル機が意味もなく4台に……

15/2/8 スペック(CPU,RAM)情報修正,リンク追加

Notes:

  1. 何種類かある。自分が購入したのは ADP69 という機種。
  2. 簡単な見分け方としては,4GB の場合,裏表8枚ずつ全部で16枚チップがついてるやつ。2Gbit*16=32Gbit=4GB。
  3. PCI-E half size スロット(筐体の構造上フルサイズは入らない)はある。アンテナは無し。

IPS パネルは壮絶に「焼きつく」けど,簡単に元に戻せる

概要

液晶ディスプレイや有機 EL (OLED) ディスプレイにおいても,ブラウン管の焼き付きに類似した表示残存が発生することがあり,一般にこれらも「焼き付き」と総称される。ただし,そのメカニズムや症状の程度はディスプレイの種類により大きく異なる。IPS パネル,VA パネル,有機 EL パネルでは家庭やオフィスにおける通常の使用でも発生しうる。このうち,IPS パネルと VA パネルにしばしば見られるのは一時的なものであり,簡単に元に戻すことができる。

パネルの種類による違い

-液晶
– IPS: 使用状況や機種によっては使用が困難になるほど激しい「焼き付き」が発生することがあるが,これは同じ表示が続くことにより液晶内の成分が偏在したり 1,意図しない電荷が蓄積したりする 2ことが原因とされており,簡単に直すことができる。
- VA: PC 用ディスプレイとして使われることは少ないためあまり話題にならない。一般に IPS パネルより「焼き付き」が発生しやすいとも言われている 3。その一方で,レビューサイト RTINGS.com による検証では,実用上「焼き付き」の心配はないという結果になっている 4。発生した場合でも,やはり簡単に直すことができる。
- TN: 通常の使用では問題になるほどの「焼き付き」は見られない(おそらく)。
有機 EL: 自然に「焼き付き」が発生するが 5,すぐに使用を妨げられるほどではない。ただし,一時的な現象に加えて有機 EL では発光体の劣化も原因となり 6 7,発光体の劣化に起因する「焼き付き」は直すことはできない
※液晶パネルでも,デジタルサイネージなどの特殊な用途で長い期間に渡って同じ表示が続けば,部材の劣化による永続的な「焼き付き」は発生しうる。

IPS または VA パネルの「焼き付き」を直すには

様々な色(たとえばRGB白黒)を数十分から数時間程度のあいだ均等に代わる代わる表示させることで画面表示のクセを取り除くことができる。
※点滅にご注意ください

GIF 動画を用意してみました。お使いのディスプレイと同じ解像度(なければ同じアスペクト比 8)のものをダウンロードのうえ,フルスクリーン表示してご使用ください 9
8192×4320 8K 4K 2K
2048×1536 QXGA 4:3
1920×1200 WUXGA 16:10
1920×1080 FullHD 16:9
1366×768 FWXGA
1024×600 WSVGA


以下元の記事
続きを読む IPS パネルは壮絶に「焼きつく」けど,簡単に元に戻せる