Linux でサスペンドからのレジューム後にタッチパッドが使えない時は

 ラップトップ PC によっては,サスペンドからのレジューム後にタッチパッドが使えなくなる場合があります 1。BIOS/UEFI の設定で改善したという話もあり,どうも BIOS/UEFI の挙動に原因があるように見受けられますが,幸いにもドライバモジュールの再読込だけでも正しく認識されるようになります。具体的には,サスペンド時に modprobe -r psmouse,レジューム時に modprobe psmouse を実行してやれば良いわけです。
 なお,最近の機種の場合,異なるバスのデバイスが使われている場合もあり,その場合には i2c_hid や rmi_smbus を試す必要があるようです。なお,これらのモジュールはタッチパッド以外にも使われている場合があり,アンロードは psmouse の場合ほど安全ではないため,事前に調査するべきでしょう。

 さて,早速片付けてしまいましょう。
 まずはサスペンド時に modprobe -r するサービスを書きます。

# vi /etc/systemd/system/tptweak-suspend.service


[Unit]
Description=Unload psmouse
Before=suspend.target

[Service]
Type=simple
ExecStart=/sbin/modprobe -r psmouse

[Install]
WantedBy=suspend.target

 同様に,レジューム時に modprobe するサービスを書きます。

# vi /etc/systemd/system/tptweak-resume.service


[Unit]
Description=Load psmouse
After=suspend.target

[Service]
Type=simple
ExecStart=/sbin/modprobe psmouse

[Install]
WantedBy=suspend.target

 あとは,登録するだけです。簡単ですね。

# systemctl daemon-reload
# systemctl enable tptweak-suspend.service
# systemctl enable tptweak-resume.service

 非常にシンプルなサービスのため,たまには失敗するかもしれませんが,今のところうまく機能しています。

参照:
Synaptics タッチパッド – ArchWiki
電源管理 – ArchWiki
サスペンドの前後でコマンドを実行する。 – ガジェット好きの日記

Notes:

  1. いままでに何台かの富士通製で遭遇。

Firefox で国際化ドメイン名を punycode で表示する ―― IDN 悪用フィッシングにとりあえず対策

 最近になって暗号通貨取引所に成りすましたフィッシングサイトが多く現れているようで,国際化ドメイン名(IDN)悪用の問題が話題になっているようです。
 この問題は国際化ドメイン名の登場当初から指摘されており,たとえば「apple.com」ではなく「аpple.com」(キリル文字で「アー・エル・エル・パーロチカ・イェー」)で登録するなどして,正規ウェブサイトのドメイン名と視覚上見分けがつかないドメイン名を取得し,フィッシングに悪用するという手法です。

窓の杜 – 【NEWS】Mozilla/Firefox/Operaなどに国際化ドメイン名の盲点をついたURL偽装の問題(2005/02/08)
肉眼では偽物と見抜けない国際化ドメイン悪用のURL偽装、Google Chromeなどで対策進む – 窓の杜(2017/04/21)

 国際化ドメイン名のコンセプト自体に起因している問題であるため抜本的な対策は困難で,十年以上にわたり対策が試みられ続けてきてなお完全な解決を見ていない問題ですが(なにしろ Unicode には十万以上の文字が収録されていますし,各レジストラのポリシも様々です) 1,国際化された表示を無効化し,国際化ドメイン名表示のための符合である punycode で表示するように設定することでさしあたりユーザ側で簡単にフィシング対策ができます。

about:config を開き,
network.IDN_show_punycode」の値を true にしてください。

これで,国際化ドメイン名が punycode で表示されるようになります。先述の「аpple.com」なら「xn--80ak6aa92e.com」と表示され,正規のサイトではないことが一目瞭然になります。
デメリットは国際化ドメイン名がわかりにくくなることですが,それで困る人がいるのかは不明。

Notes:

  1. レジストラが紛らわしいドメイン名の登録を拒否する,Firefox などクリックせずに EV-SSL の組織情報が表示されるブラウザで EV-SSL を利用する等が考えられますが,現実的には難しいでしょうね。

IPS パネルは壮絶に「焼きつく」けど,簡単に元に戻せる

概要
 液晶ディスプレイや有機 EL (OLED) ディスプレイにおいても,ブラウン管の焼き付きに類似した表示残存が発生することがあり,一般にこれらも「焼き付き」と総称される。ただし,そのメカニズムや症状の程度はディスプレイの種類により大きく異なる。IPS パネル,VA パネル,有機 EL パネルでは家庭やオフィスにおける通常の使用でも発生しうる。このうち,IPS パネルと VA パネルにしばしば見られるのは一時的なものであり,簡単に元に戻すことができる。

パネルの種類による違い
・液晶
 - IPS: 使用状況や機種によっては使用が困難になるほど激しい「焼き付き」が発生することがあるが,これは同じ表示が続くことにより液晶内の成分が偏在したり 1,意図しない電荷が蓄積したりする 2ことが原因とされており,簡単に直すことができる。
 - VA: PC 用ディスプレイとして使われることは少ないためあまり話題にならない。一般に IPS パネルより「焼き付き」が発生しやすいとも言われている 3。その一方で,レビューサイト RTINGS.com による検証では,実用上「焼き付き」の心配はないという結果になっている 4。発生した場合でも,やはり簡単に直すことができる。
 - TN: 通常の使用では問題になるほどの「焼き付き」は見られない(おそらく)。
有機 EL: 自然に「焼き付き」が発生するが 5,すぐに使用を妨げられるほどではない。ただし,一時的な現象に加えて有機 EL では発光体の劣化も原因となり 6 7,発光体の劣化に起因する「焼き付き」は直すことはできない
 ※液晶パネルでも,デジタルサイネージなどの特殊な用途で長い期間に渡って同じ表示が続けば,永続的な「焼き付き」は発生する。

IPS または VA パネルの「焼き付き」を直すには
 様々な色(たとえばRGB白黒)を数十分から数時間程度のあいだ均等に代わる代わる表示させることで画面表示のクセを取り除くことができる。

 GIF 動画を用意してみました。お使いのディスプレイと同じ解像度(なければ同じアスペクト比 8)のものをダウンロードのうえ,フルスクリーン表示してご使用ください 9
8192×4320 8K
2048×1536 QXGA 4:3
1920×1200 WUXGA 16:10
1920×1080 FullHD 16:9
1366×768 FWXGA
1024×600 WSVGA

——以下元の記事——

 いつものように昼なお暗い魔窟 a.k.a. 自室で PC 作業に励んでいたある日のこと。気分転換にすこし散歩に出て,30分ほどして帰ってきたら,2枚ある液晶ディスプレイの両方が壊れていました。具体的には,画面が激しく点滅し(ちらつき),縦縞状のノイズが画面全体に広がり,四隅は白っぽく変色しているという状況。しかも,開いていたウィンドウの像が,ウィンドウを動かしてもくっきりと残ったままです。
「げげっ。なんじゃこりゃ!」
 少し前からちらつきが気になってはいて,だましだまし使っていたのですが,ここまで来てしまうともう使いものになりません。静電気のいたずらである可能性を考え,PC とディスプレイの電源ケーブルを一晩抜いたままにして放置してみるも,残念ながら改善は見られず。「これはもう修理に出すしかないな……」
 幸い2枚とも標準で3年保証付きで交換の早い法人向けモデルですので,修理直行です。保証書を探して,たまたま取っていたダンボールも引っ張りだして。しかし何が原因だったんだろう。先月変えたグラフィックボード? しかし,グラフィックボードが液晶を破壊するなんてことがあるんだろうか。それにそうだとしたらグラフィックボードも調査を依頼しないと……などと考えつつ,最後の悪あがきとして念の為いろいろ検索してみました。すると,こんな気になる情報を発見。

[PCモニター]画面表示がバグったDell U2410がLCDコンディショニングで復活! | トラエラ流 WEB CMの作り方

しかし画面には少し前に表示していたGoogleの画面の焼き付きと黒いはずの背景も黄ばんでいます。また、LEDの明るさもチカチカと安定せず、一見故障にしか見えない画面表示となっていました。

 そう,そう,こんな感じなんですよ。完全に壊れ…え? 故障じゃないの?
 どうやら,IPS 液晶は TN 液晶と異なり「焼き付く」ようです(そう,この液晶は2枚とも IPS です)。なお,VA 液晶も同様の「焼き付き」をしやすいらしい。参考123
 しかし幸運なことに,「焼き付き」と呼ばれているこの現象は,本来の意味であるブラウン管の焼き付きとは原理が異なり,簡単に元に戻すことができるようです。その方法とは,RGB・黒白を順番に表示させることで液晶についたクセを取るというもの。なんか胡散臭い気がしなくもありませんが,どうせ修理センター行きの予定です。モノは試し。私の使用している D 社の液晶ディスプレイでは,「LCD コンディショニング」という名前でディスプレイの標準機能の一つとなっていますので,これを試してみましょう。それでは,とりあえず1時間。
 ……んで,その結果なんですが,これがなんと完全に元通りに直ってしまったのです。いやはやなんともお恥ずかしい限り。修理を申し込む前で本当によかった! 記憶の糸をたぐり寄せてみると,たしかに数週間前に液晶の自動電源オフまでの時間の設定を10分から60分に変更したのでした。なにがグラフィックボードじゃ。仕組みがよくわかりませんが,ともかくこの変更により「焼き付き」が蓄積するようになって,ついには今回のような現象が起こるに至ったのでしょうか。しかし,一見万能の IPS パネルにこんな弱点があったとは。対策は LCD コンディショニングを実行して放置するだけとはいえ,突然表示がおかしくなると焦りますし,作業も滞ります。個人で使う分には IPS のメリットはどうしても捨てがたいですが,オフィスなどで仕事のために使う場合はあえて TN 液晶を選んだほうがいい場合もあるでしょう。
 [2018/01/06追記] OLED ディスプレイの中古スマートフォンを購入したところ,「焼き付き」症状があったので調べてみました。残念ながら,有機 EL の場合は発光体の劣化も原因となっており 10 11,完全な修復は不可能であるようです。レビューサイト RTINGS.com による検証では,(使われたディスプレイは各1台であることに留意する必要がありますが)24時間x5週間程度で液晶ディスプレイでは見られない永続的な「焼き付き」が目立ち始めるという結果になっています 12。実際に私のスマートフォンでも1時間ほどコンディショニングを試してみましたが,ほとんど改善されませんでした。最近では改善されているとのことですが,2017年末発売の iPhone X でもなお問題とされており 13,程度こそ変われど現在のところ有機 EL では避けて通れない問題のようです。有機 EL ディスプレイは扱いに気をつける必要がありそうです。
 結論。IPS パネルは「焼き付き」ます。メーカーやロットなどにもよるようですが,私の持っている D 社のディスプレイはいずれもかなり壮絶に症状がでるようです。でも,CRT の(本来の意味での)焼き付きとは異なり,簡単に元に戻せます。画面が点滅したり変な縞が出たりとどう見ても故障にしか見えない症状が出ても,落ち着いて「LCD コンディショニング」を実行してみましょう。ディスプレイの標準の機能として搭載されていない場合は,こちらの動画を使わせてもらいましょう。日頃の対策としては液晶のこまめな電源オフやスクリーンセーバの利用が考えられます。あまり頻繁に電源のオンオフを繰り返すとバックライト(今時は LED が普通であるとはいえ)やインバータへの影響が心配なので,スクリーンセーバも併用したほうがいいかもしれません。CRT の絶滅した今ではもはや装飾としての価値しかないと思われがちですが,猫も杓子も IPS の今,改めて見直されるべきかもしれません。

2018/01/06 日記として書いたごちゃごちゃした記事ながら,お困りの方とおぼしきアクセスが今でも多いので,概要と対策用 GIF 動画を追加。ついでに有機 EL での状況について追記。