“evdev-right-click-emulation” はタブレットで Linux を使うのにすごく便利

タブレットで GNU/Linux を試したことのある方なら,タッチスクリーンでは右クリックできないことにお気づきのことでしょう。

Gnome 3 はこの問題の解決に取り組んでいるようですが,まだ不完全です。キーの組み合わせで右クリックを発生させるようなスクリプトでさしあたり右クリックできるようになりますが,Android や Windows と比べてあまりに不便です。

そんなわけで,これは X か何かの設計上の問題に起因していて解決は困難だろうと思っていました。この小さなプログラムに出会うまでは。

Peter Cai さんによる evdev-right-click-emulation は,デバイスを低レベルで直接読んで長押しを検知するというシンプルな方法で,右クリックの問題をほぼ解決しています。

このやり方はおそらく正攻法ではないのでしょうし,何らかの予期しない問題を招く恐れもありますが,evdev-right-click-emulation がタブレット上での GNU/Linux の UX を大幅に改善することは間違いありません。

“evdev-right-click-emulation” is a smashing useful tool for Linux tablet users

If you’ve ever tried GNU/Linux on tablet devices, you might have noticed that you can’t do right click with a touchscreen.

Gnome 3 seems trying to solve this problem, but it’s still incomplete. Hacky script like emulating right click with key combination may work as a workaround, but it’s a too awkward way compared to those of Android or Windows.

I believed this should a design problem of X or something and too hard to fix… Until meet this tiny program.

evdev-right-click-emulation by Peter Cai have successfully (almost) solved that problem with simpler way; read devices directly and detect long tap.

Though this mean might not a kind of entering at the front door and possibly cause unexpected errors, it is certain that evdev-right-click-emulation drastically improves UX of GNU/Linux on tablet devices.

Debian 10 + Xfce + Let’s note RZ4 で画面自動回転

GNOME 3 であれば iio-sensor-proxy 経由で加速度センサによる画面自動回転にデフォルトで対応していますが,GNOME 3 はラップトップのデスクトップ環境としての実用性が限られているという問題があります。しかし,Linux の常としてセンサの入力もデバイスファイルとして扱われているので,他のデスクトップ環境でも,簡単なスクリプトで状態を読んでやれば画面の自動回転ができるようになります。

とはいえスクラッチで書くのも大変なのでとりあえず ArchWiki で紹介されている “rotate.py” を試してみたところ,そのまま画面回転ができました。

ただし,このスクリプトでは RZ4 のタッチパネルは想定されず,このままではタッチ操作のジオメトリが変わらずに表示とずれてしまいますので,ちょっとだけ修正する必要があります。幸いにも処理の実際の内容である xinput での設定自体は全く同じでよいので,タッチパネルとして扱わせるためにスクリプトが用意しているリストに書き加えるだけです。

RZ4 は eGalax 製のデジタイザを使用しており,xinput –list –name-only での表示名に(”touchscreen” “wacom” は含まれず)”eGalax” の文字列が含まれるため,

touchscreen_names = ['touchscreen', 'wacom']

とある行を

touchscreen_names = ['touchscreen', 'wacom', 'egalax']

と書き換えてください(入力を一度小文字にした上で比較しているので,すべて小文字の egalax と指定してください)。

あとはこの rotate.py を自動起動して常駐させるなり,必要なときに起動するなりすれば, Xfce やその他のデスクトップ環境でもばっちり画面回転できるようになります。Onboard と組み合わせればタブレットとしてそれなりに実用的に使えるようになります。

余談:
この機種は Buster ではバックライトをホットキーから調整できない問題がありますが,例によって xorg の設定ファイルを追加するだけで対応可能です。

さらに余談:
どうやら UEFI で設定された画面輝度が OS 起動後に操作できる上限となるようで,UEFI での輝度が一定以下だと OS 起動後の輝度調整ができなくなります。わかってしまえばどうということもないことですが,上記のハードウェア認識の問題と混同してしまうと苦労することになるので気をつけましょう。 UEFI 画面が表示されるのは一瞬のことですので,通常は最大輝度にしておくのがよいでしょう。

……ということをなぜ書くかというと,以前ハマったこの問題にまたハマってしまい,検索したらこの記事が出てきて,ふと思い出して無事解決できたからです。次も思い出せるかはわからないので記録しておきます(何度も忘れるな)。

Debian 10 “Buster” が stable に

2019年7月6日,Debian 10 “Buster” が stable になりました。これにともない, “Stretch” は oldstable となります。

Buster ではそれほど目立つ変化はありませんが,AppArmor のデフォルトでの有効化,UEFI 対応強化など足回りが着実に強化されています。これまで testing として使ってきた感覚では,全体的に X 周りの安定性が高まっている印象もあります。

Stretch は2022年頃まで LTS 対象となる見込みです。Buster は2022年頃まで stable としてサポートされ,2024年頃まで LTS 対象となる見込みです。

La Frite AML-S805X-AC (1)

Kickstarter で back していた Libre Compter 製 La Frite AML-S805X-AC が届いたので,とりあえず写真だけ簡単に紹介。

La Frite は珍しい Amlogic 製 SoC を搭載した SBC で,メインラインカーネルでのサポートを含めたソフトウェア面にも力を入れるというのが売りです。ボード自体も比較的安価(Early bird で 1GB モデルが送料込み $19,通常 perk で同 $24)な割に高性能・低消費電力であり,モダンな仕様でいろいろ遊べます。もっとも,Raspberry Pi 4 model B が登場した今となっては,インパクトを欠く印象は否めませんが。

SoC Amlogic S805X
CPU Quad Cortex-A53 ~1.2GHz
GPU Mali-450
RAM DDR4 1GB or 512MB
ストレージ USB メモリ・別売専用 eMMC 対応
ブートローダ U-boot(NOR フラッシュ)

Libre Computer はこれまでにも量産実績のあるベンダですが,いままでのプロジェクトよりかなり back 数が多かったせいかやや苦戦し,半年以上遅れての発送となりました。多忙のせいか終盤には進捗報告を欠くことも増え,「一体どうなったんだ」「せめて進捗を教えてくれ」「静かに待つしかない」などコメント欄に不穏が空気が流れ始めたところで突然「やあ,大体終わってそろそろ発送するから週末までに配送先を確かめといてね」とのアップデートがあってずっこけたのもいい思い出です。

La Frite,配送パッケージ
ぴったりサイズのダンボールに収めて送られてきました。パッケージの中には,静電気防止の袋とスポンジで保護された La Frite が入っています。よい梱包です。ところで,なぜか税関検査で開封されていました。これまでにもいろいろ怪しげなものを個人輸入してきましたが,初めてのことです。たまたま?

La Frite,付属ネジ

短いネジが付属していました。eMMC の固定用?

La Frite,箱表

パッケージと本体の表面。パッケージがかっこいい。珍しい白色の PCB が目を引きます。ハンダ付けもちゃんとしてる。

La Frite,箱裏

裏面。パッケージには概説図が印刷されています。見ての通り microSD スロットがなく,別売りの eMMC を買っていない場合は USB ブートで使用します。2.0なので速度は推して知るべし。PCB は裏面も白く,くり抜く形で LAN ポートが実装されているため薄型です。

La Frite,Orange Pi PC との比較

ここまででお気づきかもしれませんが,けっこう小さく,Raspberry Pi model A シリーズのフォームファクタです。安物 SBC の雄 Orange Pi PC と比べるとこんな感じ。

La Frite,本体表

表面アップ。イイネー

La Frite,本体裏

裏面アップ。サイコー

ただこれ,残念ながら対応イメージがまだ公開されておらず,そのままでは動作確認はできません。(しばらく追っていなかったので開発が今どういう状況なのかはわかりませんが,おそらく芳しくはないのでしょう……)

とはいえ別の SoC 用のイメージでもキャラクタインタフェースは拝めるでしょうから,またあとで動かしてみましょう。

19/07/07追記:6日にプロジェクトアップデートがあり,Debian Stretch および Ubuntu Bionic の対応イメージが正式公開されました(実はそれ以前から開発中のイメージは公開されており,フォーラムなどにリンクがあったようです。見逃してた)。

正直,思ったより遥かに早い展開です。多くの開発者との協力の上に成し得たことであり,自由ソフトウェアの強みが発揮されています。

現在,Debian Buster,RetroPie,Android 9 の作業に取り掛かっているとのことです。

これいいかも? OpenWrt 搭載の無線 LAN ルータ「GL-MT300N-V2」

サイバー・ウィンドウ・ショッピング

興味深いネットワーク機器を見つけたので紹介します。UbiquitiMikroTik の製品と同様にカスタマイズ性の高い Linux ベースのルータの部類に属するものですが,完全に家庭用として設計されている代わりにベンダ独自でなく OpenWrt ベースのファームウェアが搭載されており,無線 LAN に対応し,しかもこの手のデバイスとしてはかなり安価(約2200円)……という特長があります。

OpenWrt とは

まずは OpenWrt について簡単に説明しましょう。OpenWrt は家庭用無線ブロードバンドルータ向けの代替ファームウェアのひとつであり,ソフトウェアレポジトリから手軽に拡張可能な Linux ディストリビューションの一種でもあります。

以前、Fon の安価な無線 LAN ルータに DD-Wrt を導入することが流行ったことがありますが,DD-Wrt も OpenWrt から派生したものです 1

OpenWrt では,ベンダ純正ファームウェアでは差別化のためやサポートコスト削減のために除外されているような高度な機能を利用できるほか,Linux の知識を活かした柔軟な運用が可能というメリットがあります。

しかし対応デバイスは限られているほか,電波法の問題があり,無線 LAN ルータで利用できる局面は限られているというのが現実です。

GL-MT300N-V2 とは

そこで GL-MT300N-V2 です。GL-MT300N-V2 は香港 GL.iNET (GL Technologies & Microuter Technologies 社)の小型ルータで,OpenWrt ベースのファームウェアが標準搭載されています。

MIPS 24KEc 580MHz (MT7628N),128MB DDR2,16MB フラッシュメモリというスペックで,CPU には AES-128/256 のハードウェア支援に対応した拡張機能があるので,OpenVPN も快適に利用できそうです。

しかもルータのくせに USB ポートに加え GPIO ピンまであり,拡張性も申し分ありません。

無線 LAN は 11n 300Mbps までの対応,GbE 非対応,5Ghz 帯非対応,アンテナ内蔵で電波の飛びも悪そうと,コンピュータとしてのポテンシャルの高さからするとかなり割り切った仕様ですが,一人暮らしならこれで充分ですし,小型で超低消費電力(2.75W未満) 2というメリットもあります。 3

ルータ親機としての利用のみならず,中継器/コンバータとしての利用にも対応しているため,特にハックせずとも利用の幅はかなり広いでしょう。

……いや,ここまでならよくある開発ボードと言うこともできるでしょう。GL-MT300N-V2 を真にユニークにしているのは以下の点です。すなわち,なんとベンダ自ら中国価格で Amazon.co.jp で販売しており(しかも Amazon 発送),さらに驚くべきことに,技適にもしっかり対応しているのです。

私が知る限り,OpenWrt が標準搭載されて技適に対応した無線 LAN ルータは他に選択肢がありませんし,ベンダ独自のディストリビューションを採用したものでも,手軽に買える値段のものはありません。

カスタマイズ可能なルータを構築する用途に Raspberry Pi のようなシングルボードコンピュータを使うのはオーバースペックであり,発熱の問題に悩まされることにもなりましたが,超低消費電力な CPU を搭載したこの機種であればまさにピッタリなのではないかと思います(もっともこのマシン自体が Raspberry Pi と同程度に安定するのかはまだわかりませんか……)。

個人の勉強用はもちろん,大学や専門学校でのネットワーク技術の教材としても使えるのではないかと思います。

ただし,GL-MT300N-V2 は OpenWrt 最新版安定版 18.16.2 に対応しているものの,開発版リリースでは特に積極的にサポートされていないようであり,次の安定版リリースで公式対応から外れる可能性があることに注意しておく必要があります。

購入リストへ

今のところいじろうと思って放置しているデバイスが多い(La Frite ももうすぐ発送みたいですし……)のでモチベーションがありませんが,この値段はお値打ちですし,無線 LAN が使えるのはユニークです。ホビー感たっぷりの「マンゴー色」の筐体もブツヨクをそそります。いずれ購入したら紹介したいと思います。

19/06/03追記:

後継機種として、650MHzの Qualcomm QCA9531 を搭載した GL-AR750 と 775MHz の Qualcomm QCA9563 と外部アンテナを搭載した GL-AR750S-Ext が国内発売されたようです。

共通の仕様として、5GHz 帯・11ac への対応のほか、16MB の NOR に加えて 128MB の NAND フラッシュメモリが追加、128GB までの microSD への対応など活用の幅が広がっています。

一方で価格は GL-AR750 でも5144円、消費電力も最大6Wと、いずれも倍以上になっており、なかなか悩ましいところです。

Notes:

  1. なお,DD-Wrt は、カスタマイズ可能な Linux ディストリビューションとしてよりも簡単に使える代替ファームウェアとしての側面にフォーカスしている,プロプライエタリのドライバも多く導入することで対応デバイスを増やしている,といった方向性の違いがあるようです。
  2. 同じくらいの CPU と RAM を搭載した一般的なルータの消費電力は10〜20W
  3. もちろん,できればハイパワーモデルや業務用モデルの選択肢も欲しいところですけどね。

light-locker でのユーザ切り替え

あるユーザでログインしたまま別のユーザでもログインするユーザ切り替え user switching は,同じマシンを複数の人が利用する場合のみならず,用途に応じて環境を切り替える手段としても便利ですが,light-locker の場合,どのようにして利用するのかわかりにくいです。
GDM 環境の場合は多くのデスクトップ環境で切り替えに標準対応しており,lightdm でも xscreensaver では設定変更で機能を有効化できるところ,light-locker ではそのような設定が見あたりません。
xfce4-whiskermenu-plugin では ”gdmflexiserver” を呼び出すようになっていますが GDM 用ですし,検索してみると xfswitch-plugin をインストールするといいという話もありますが,これも GDM に依存しています。
もしや light-locker ではユーザ切り替えができないのかとも思いましたが,なんのことはない,lightdm のログイン画面をロック画面として利用する light-locker では「特別な切り替え機能は必要ない」というのが答えでした。
すなわち,画面をロックし(light-locker-command –lock),別のユーザを選択してログインすればユーザを切り替えられます。

GRUB を復旧したメモ

あるマシンで,某 OS のアップデートがどうしても失敗するので諦めて October 2018 Update のインストールメディアを作成して 1クリーンインストールしたため,MBR が書き換えられてしまいました。これでは,メインの OS である Debian GNU/Linux が起動できません。
以下は GRUB (GRUB2) を再導入することで問題を解決したメモです。

前提

  • Linux 関連領域は /(DM-Crypt で暗号化)と /boot(平文)に切り分けられている
  • 両パーティションともデータは無傷で,MBR が書き換えられているだけ

手順

1. Linux システムを USB ブートする

世に言う Live ディスクですね。Debian ではここにあります。
USB メモリへの書き込みは,Linux の場合,GNOME Disks (gnome-disk-utility) 2 を使うのが簡便でしょう。GParted (gparted) にはない機能もあり,入れておいて損はないソフトです。
使用するのはできれば同じディストリビューションの同じバージョン・アーキテクチャが望ましいでしょうが,GRUB 関連パッケージのバージョンがそれなりに近ければなんでも構わないかと思います。ちなみに今回は 64 bit Debian GNU/Linux 9 に対し 32bit の Linux Mint 19 で実行しましたが特に問題は生じませんでした。

2. 内蔵ドライブのパーティションをマウントする

内蔵ドライブの各パーティションを,/ をマウントした場所を起点に元あったように並べていくイメージです。
実例で説明したほうが早いでしょう。
修復したいシステムで
/dev/sda5 が /boot
/dev/sda6 が /
だったとしたら,
/mnt をマウントポイントにするとして,
/dev/sda5 を /mnt/boot
/dev/sda6 を /mnt
にマウントすればいいわけです。簡単ですね。
具体的には,以下のようになるでしょう。

# mount /dev/sda6 /mnt
# mount /dev/sda5 /mnt/boot

自分の場合,/ は DM-Crypt で暗号化されており手動でマウントするのはちょっと面倒だからと,Thunar(xfce 標準のファイルマネージャ)でダブルクリックして /media/ 以下にふつーにマウントしてしまいました。もちろん,これでも特に問題はありません 3

3. GRUB をインストールする

いよいよお待ちかね(?),GRUB をインストールします。
ここで注意すべきは,BIOS 互換モードでインストールされたシステムでは通常アーキテクチャ等を意識する必要がないのに対し,EFI モードでインストールされたシステムに対しては,対象システムにあわせたオプションを指定しなければならないということです。詳しくは Gentoo Wiki の表と Arch Wiki の該当項目をご覧いただくとして,i386 や x64 といった target と BIOS や EFI といった platform の組み合わせで指定すべきオプションが異なり,また,UEFI 関連ファイルのディレクトリを指定する –efi-directory や UEFI にどのような名前で登録するかを指定する –bootloader-id といった EFI 特有のオプションを指定する必要があります。
もっとも,実用上は「BIOS 互換か 64bit EFI か」だけに気をつければよいかと思います。
BIOS 互換モードか 64bit EFI モードか判別する方法として,修復したいシステムの /boot(上記の例の /dev/sda5)を見るというものがあり,EFI モードでインストールされたシステムには /boot/efi が存在し,/boot/grub/i386-pc ではなく /boot/grub/x86_64-efi が存在します。

BIOS 互換モードの場合(64bit/32bit 問わず)

# grub-install --root-directory=/mnt /dev/sda

なお,設定ファイルが破損している場合は,いったん削除して再構築する必要があります。その場合は以下のようになります。

# grub-install --root-directory=/mnt --recheck /dev/sda
# update-grub

64bit EFI モードの場合

# grub-install --root-directory=/mnt --target=x86_64-efi --efi-directory=/mnt/boot/efi --bootloader-id=grub --recheck /dev/sda

–recheck しているのは bootloader-id がディストリビューションにより異なる場合があるためであり,できればディストリビューションが使用している bootloader-id を確認し,それを指定することで,わざわざ再構築せずにそのまま流用するのが無難かと思います。
さて,これで完成です。

Installation finished. No error reported.

となれば問題ないはずです。再起動してみましょう。
ダメなら手順に誤りがないか確認して再実行です。

感想

以前にも経験はありましたが,もう5年くらい前の話で,実のところすぐにうまくいくとは思っていなかったのですが,ほんの小手調べのつもりでいじっただけで修復できてしまいました。
やはり Linux は血圧に優しい素晴らしい OS です……どこかの OS とは違って。

参考

GRUB – ArchWiki

GRUB2 – Gentoo Wiki

2019/1/10 EFI モードでインストールされている場合について追記

Notes:

  1. これが簡単にできるようになったのは素晴らしい。そもそも同じメジャーバージョン内でアップデートに失敗するなよという話ではあるけど……
  2. なお,インストールするには gnome-disk-utility,起動するには gnome-disks とパッケージ名が微妙に変わりますが,GNOME Disks (gnome-disks) とは,ツール群である GNOME Disk Utility (gnome-disk-utility) に含まれるソフトウェアのひとつの名称ということのようです。
  3. 例は以下も引き続き /mnt として説明します。

Linux でサスペンドからのレジューム後にタッチパッドが使えない時は

ラップトップ PC によっては,サスペンドからのレジューム後にタッチパッドが使えなくなる場合があります 1。BIOS/UEFI の設定で改善したという話もあり,どうも BIOS/UEFI の挙動に原因があるように見受けられますが,幸いにもドライバモジュールの再読込だけでも正しく認識されるようになります。具体的には,サスペンド時に modprobe -r psmouse,レジューム時に modprobe psmouse を実行してやれば良いわけです。
なお,最近の機種の場合,異なるバスのデバイスが使われている場合もあり,その場合には i2c_hid や rmi_smbus を試す必要があるようです。なお,これらのモジュールはタッチパッド以外にも使われている場合があり,アンロードは psmouse の場合ほど安全ではないため,事前に調査するべきでしょう。

さて,早速片付けてしまいましょう。
まずはサスペンド時に modprobe -r するサービスを書きます。

# vi /etc/systemd/system/tptweak-suspend.service
[Unit]
Description=Unload psmouse
Before=suspend.target

[Service]
Type=simple
ExecStart=/sbin/modprobe -r psmouse

[Install]
WantedBy=suspend.target

同様に,レジューム時に modprobe するサービスを書きます。

# vi /etc/systemd/system/tptweak-resume.service
[Unit]
Description=Load psmouse
After=suspend.target

[Service]
Type=simple
ExecStart=/sbin/modprobe psmouse

[Install]
WantedBy=suspend.target

あとは,登録するだけです。簡単ですね。

# systemctl daemon-reload
# systemctl enable tptweak-suspend.service
# systemctl enable tptweak-resume.service

非常にシンプルなサービスのため,たまには失敗するかもしれませんが,今のところうまく機能しています。

参照:
Synaptics タッチパッド – ArchWiki
電源管理 – ArchWiki
サスペンドの前後でコマンドを実行する。 – ガジェット好きの日記

Notes:

  1. いままでに何台かの富士通製で遭遇。

Source Han フォント(源ノ角ゴシック・源ノ明朝)のすゝめ

なぜ Source Han フォントを使うべきか

  • 利用に制限のない自由なライセンスのフォントなので,クロスプラットフォームで統一された表示を実現できる 1
  • Adobe と Google が自分たちのビジネスで使うために開発したフォントであり,トップクラスの商用フォントベンダである Adobe とイワタによって制作されているため高品質
  • CJK+欧文に対応しているので国際化にも最適

Source Han Sans/Source Han Serif と源ノ角ゴシック/源ノ明朝の違い

同一のフォントの英名と和名です 2 3 4。Source Han Sans の日本語名が「源ノ角ゴシック」,Source Han Serif の日本語名が「源ノ明朝」です。

なお,Source Han は Google が公開する Noto フォントにも取り入れられており,Noto フォントの CJK 部分も同じものになっています 5

Source Han フォントを導入するには

Step 1. ダウンロード

さまざまな形式が用意されていますが,「Language-specific OTFs」の日本語向けのものを選ぶとよいでしょう。

なお,日本語に関する部分だけを切り抜いてサブセットにした「Region-specific Subset OTFs」というものも用意されており,公式の説明ではどれを選べばよいかわからない場合の推奨とされていますが(古いシステムでも使える,ファイルサイズが小さいなどの理由による 6),アプリケーションからは元々の Source Han フォントとは別物として認識されてしまい,自由なライセンスによる環境や言語を超えたフォントの統一というアドバンテージは減じてしまいますので,「Language-specific OTFs」をおすすめします。

Sans(ゴシック体)では SourceHanSansJ.zip を,Serif(明朝体)では SourceHanSerifJ_EL-M.zip および SourceHanSerifJ_SB-H.zip の両方をダウンロードします。これらを解凍すると,Sans と Serif それぞれで基本となる7ウェイト(太さ)のフォントファイルが準備できます。

Step 2. インストール

各 OS のフォントインストール機能を利用してください。

Windows の場合,コントロールパネルから「デスクトップの設定>フォント」を選択し,表示されたパネルにフォントファイルをドラッグ&ドロップします

macOS の場合,「Font Book」アプリケーションを利用します

Linux の場合,~/.fonts/(ユーザのみ)または/usr/share/fonts/opentype/(システム全体)にフォントファイルをコピーします。最後に,fc-cache -v を実行してフォントキャッシュを更新してください。フォントビューアー gnome-font-viewer などのフォント管理アプリケーションを利用してインストールこともできます。ユーザのみに導入する場合,このスクリプトを使うことで一括ダウンロード&インストールすることもできます。

どのウェイトを使うべきか

Source Han フォントは Adobe によって開発されているだけあり,タイポグラフィでの利用を念頭に7種類ものウェイトが用意されています。しかし,オフィススイートなどで“普通の”フォントとして使うにはどのウェイトを使えばよいのでしょうか。

Medium, Normal, Regular と似たようなものが多く迷いますが,Regular が標準的なウェイトであり(欧文フォントでは regular の語が正体という意味で使われます),既存のフォントと並べても違和感のない表示になります。

もっとも近年は細身のフォントが文書作成の用途でも使われるようになってきていますので,お好みで Light を使うのもよいかと思います。

Source Han フォント以外のお勧めフォント

VL ゴシック

固定幅の「VL ゴシック」と可変幅の「VL Pゴシック」からなります。M+ フォントに欠けている文字をさざなみフォントで補ったうえで調整を加えたもので,Linux 界では長らく IPA ゴシックと並んで標準ゴシック体の地位を占めているフォントです。クリーンで読みやすいフォントであり,個人的には Source Han Sans より好みです。ぜひ Linux 以外の環境でも使ってみてほしいフォントです。

IPA Mona フォント

IPA フォントを元にしてフォント幅を「MS ゴシック」「MS Pゴシック」「MS UIゴシック」「MS 明朝」「MS P明朝」に近づける調整が加えられた「IPA Mona ゴシック」「IPA Mona Pゴシック」「IPA Mona UIゴシック」「IPA Mona 明朝」「IPA Mona P明朝」からなります。Windows 以外の環境で Windows 環境に極力近い表示結果を得たい場合に役に立つフォントです。