Xfce + Light-locker でサスペンドからのレジューム時に画面が表示されないときは

Xfce + Light-locker の組み合わせで,サスペンドからのレジューム時に画面が真っ暗なままになる現象が発生することがあります(Debian 10.1 および Xubuntu 18.04.03,Intel Ivy bridge および Haswell CPU/iGPU で確認)。workaround をとりあえずメモ。

続きを読む Xfce + Light-locker でサスペンドからのレジューム時に画面が表示されないときは

AML-S805X-AC (La Frite) 等が Ubuntu 20.04 に対応へ?

La Frite を Ubuntu 20.04 では公式イメージで対応できるようにするよう鋭意開発中とのことです。2020年には(SPI-NOR フラッシュメモリ搭載の)全ての機種をアップストリームで対応できるようにすることを目指しているそう。

続きを読む AML-S805X-AC (La Frite) 等が Ubuntu 20.04 に対応へ?

USB 入力でサスペンドからレジュームさせないには

多くの Linux ディストリビューションの初期設定では,サスペンド中にも USB の入力を検出しており,サスペンド中にマウスを動かしたりキーボードに触れたりすると,自動的にサスペンドから復帰してしまいます。

デスクトップ PC をお使いで机の上がきれいに片付いている方には便利な機能かもしれませんが,モバイルマシンをお使いの場合や,あるいは単に机の上が混沌としている場合には,ただ血圧が上がるだけの機能です。

幸いこの検出は無効化することができますので,その手順を紹介します。

内蔵アダプタも多くの場合バスは USB なので,Bluetooth 機器によるレジューム対策にも使えます。

続きを読む USB 入力でサスペンドからレジュームさせないには

Wine を箱《コンテナ》のなかで愉しもう

概説

この記事のゴール

LXC/LXD による仮想化コンテナで Wine を動作させ,SSH の X11 Forwarding でウィンドウをホスト環境に引っ張ってきて利用します。

続きを読む Wine を箱《コンテナ》のなかで愉しもう

“evdev-right-click-emulation” はタブレットで Linux を使うのにすごく便利

タブレットで GNU/Linux を試したことのある方なら,タッチスクリーンでは右クリックできないことにお気づきのことでしょう。

Gnome 3 はこの問題の解決に取り組んでいるようですが,まだ不完全です。キーの組み合わせで右クリックを発生させるようなスクリプトでさしあたり右クリックできるようになりますが,Android や Windows と比べてあまりに不便です。

続きを読む “evdev-right-click-emulation” はタブレットで Linux を使うのにすごく便利

“evdev-right-click-emulation” is a smashing useful tool for Linux tablet users

If you’ve ever tried GNU/Linux on tablet devices, you might have noticed that you can’t do right click with a touchscreen.

Gnome 3 seems trying to solve this problem, but it’s still incomplete. Hacky script like emulating right click with key combination may work as a workaround, but it’s a too awkward way compared to those of Android or Windows.

続きを読む “evdev-right-click-emulation” is a smashing useful tool for Linux tablet users

Debian 10 + Xfce + Let’s note RZ4 で画面自動回転

GNOME 3 であれば iio-sensor-proxy 経由で加速度センサによる画面自動回転にデフォルトで対応していますが,GNOME 3 はラップトップのデスクトップ環境としての実用性が限られているという問題があります。しかし,Linux の常としてセンサの入力もデバイスファイルとして扱われているので,他のデスクトップ環境でも,簡単なスクリプトで状態を読んでやれば画面の自動回転ができるようになります。

続きを読む Debian 10 + Xfce + Let’s note RZ4 で画面自動回転

Debian 10 “Buster” が stable に

2019年7月6日,Debian 10 “Buster” が stable になりました。これにともない, “Stretch” は oldstable となります。

Buster ではそれほど目立つ変化はありませんが,AppArmor のデフォルトでの有効化,UEFI 対応強化など足回りが着実に強化されています。これまで testing として使ってきた感覚では,全体的に X 周りの安定性が高まっている印象もあります。

Stretch は2022年頃まで LTS 対象となる見込みです。Buster は2022年頃まで stable としてサポートされ,2024年頃まで LTS 対象となる見込みです。