Raspberry Pi 4 model B が技適対応で国内正式発売

今年6月24日の発表以来5ヶ月間にわたって国内販売されないままであった Raspberry Pi 4 model B が,25日,ついに国内発売しました。

個人が利用することになる RS 代理店の KSY でも22日から先行予約の受付を開始していたようで,26日より順次発送を開始するようです。

価格は 4GB モデルで税込 ¥6600 と,US・EU 等とほぼ同じ価格設定となっています。今のところ最上位の 4GB モデルのみのようですが,ほとんどの人は 4GB モデルを選ぶでしょうから,特に問題はないでしょう。今回は日本製ではなく英国製のようです。

Raspberry Pi 4 model B ではコンポーネントが抜本的に刷新されており,3 B+ から大幅に性能が向上しています。


なお,この機種の給電用 USB Type-C ポートは規格通りでないことがわかっており,ケーブルによっては動作に問題が発生する場合があります。リビジョンアップで修正されている可能性もありますが,注文の際は動作確認済の eMarker 非搭載ケーブルを同時に購入するのがよいでしょう。

19/11/29 追記:
Twitter 等での購入者の方々の報告を見る限り,技適対応版の国内発売分はリビジョンが上がった Rev 1.2 となっており,eMarker に対応し,規格どおりの動作をするようです。

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ

コメントを残す

投稿にあたり,完全な IP アドレスが保存されます(公開されません)。

コメントは承認後に公開されます。コメントの内容はスパムフィルタで処理されます。