Raspberry Pi 4 Model B 発売

Raspberry Pi の最新機種,Raspberry Pi 4 Model B が発売されました。

主な変更点は以下の通り。

CPU コアが省電力モデルの A53 から高性能モデルの A57 に変わったことで大きなパフォーマンス向上が期待できます(その代わり,これまでもシビアであった発熱はますます厳しくなりそうですが。電力消費も増えますが、電源供給が Type C となったため、相性問題は減るはずです)。GPU も最新の VideoCore VI に刷新されました。GbE や USB 3.0 への対応など,これまで要望が多かったアップグレードも盛り込まれています。ユニークなところとしては、2画面出力に対応しています。

そして注目したいのは,従来の 1GB モデルに加え 2GB,4GB の RAM を搭載したモデルも登場したことです。1GB モデルが35ドルと据え置きで,2GB モデルは45ドル,4GB モデルは55ドルとなっています。LPDDR2 から LPDDR4 となったことで大幅な速度向上が見込めることも相まって,利用の幅はかなり広がるのではないかと思います。

2 Model B 以来の全面刷新と言ってよいでしょう。Raspberry Pi に対する高い期待を更に上回る,素晴らしいアップグレードです。

2019/07/01追記:
4B のベンチマークを取って過去の機種と比較している方がいます。
CPU 性能で従来の2〜4倍,GPU 性能で従来の1.5倍といったところのようです。Cortex-A57,恐るべし。さらに I/O についても,USB3.0・GbE 対応に加え RAM 帯域がほぼ倍,microSD も読み込み速度が倍と大幅に性能向上しています。そこに Raspberry Pi ならではの充実したソフトウェアサポートまであってこの値段なのですから,価格破壊も次のステージに進んだ感じがします。

ロープロファイルのトランプカード Air Deck 2.0

Air Deck 2.0 ―― 宇宙時代のトランプ(?)

Air Deck 2.0

Kickstarter で入手した Air Deck 2.0 というトランプを紹介しましょう。

Air Deck 2.0 は TipTop Things Limited というタイ・香港の小さな会社による製品で,幅が通常の半分程度しかないコンパクトさが特徴です。2.0 とあるように過去にも製品を出しており,前のモデルは Amazon.com にて Amazon 自社扱いで販売されています。

Kickstarter では送料込み71〜79香港ドルで手に入り,日本円にすると1000円前後です。まだリテールに進まないのか現在でも Indiegogo に場を移してキャンペーンが続けられており,11米ドル(約1200円)で買うことがことができます。

図柄 Air Deck 2.0

△ ミニマリスティックなデザインも Air Deck の特徴です。いくつか柄がある中で私が”Astronauts”を選んだのは,小型のフォームファクタやミニマリスティックなデザインが宇宙時代を感じさせるものだと思ったためです。我々は宇宙時代に備えなければなりません。過去を地球に捨てて,旅立つのだ,宇宙へと……

大きさ比較1 Air Deck 2.0

△ 縦の長さは従来のものと同じくらいですが,横幅は半分より少し大きい程度と,非常にコンパクトになっています。ペイロードが制限される打上げロケットや宇宙ステーションでも安心です。

大きさ比較2 Air Deck 2.0

△ 並べると大きさの違いがわかりやすい。半分より大きいのは実用性を考慮してのことでしょう。もっとも,この大きさでもかなりギリギリな感じで,カードを手に持つタイプのゲームでの使用感は劣ります。ただ,七並べのようにカードを並べるゲームでは従来のものよりも便利かと思います。

プラスチック製で防水仕様 Air Deck 2.0

△ 材質はカード・箱ともにプラスチック製で,水に強く丈夫なことも売りの一つです。過酷な宇宙環境では紫外線の影響が気になりますが,船内で使用する分には全く問題ないはずです。

一般に紙製より使い勝手の劣るプラスチック製ではありますが,適切な表面加工がされており,くっつくことなくなめらかに滑ります。ただ紙製のような粘りがなく,たとえばババ抜きの手札が多い場合などでは,引き抜くカードの前後のカードも落ちてしまうかもしれません。

台湾製 Air Deck 2.0

△ 台湾製。「カジノグレード」を謳っており,実際に品質は高いため,製造ノウハウがある会社に委託したものと思われます。

総評

サイズゆえの制約こそありますが,実用品としてのラインを超えた製品です。しかし,本当に注目すべきなのはユニークさです。

純粋に実用品としては(1000円でも)はっきり言って割高ですが,他にないユニークな特徴を備えた製品であることが最大の意義です。引き出しに入れておいてときどき取り出して一人できってみる,たまに見せびらかして話の種にする,というような使い方が一番良いのではないかと思います。Air Deck の価値を決めるのは一人ひとりのストーリーです。

大御所 The US Playing Card 社も比率はそのままに小型化した「Bicycle Mini Deck」というものを出しているようなので,そのうち手に入れてみたいです。

今後とも,来たるべき宇宙移住の日に日頃から備えていきたいです。