有線メンブレンキーボード ELECOM TK-FCM103BK ミニレビュー

背景

買った理由

特定のキーばかり酷使するソフトウェア操作や WASD を酷使する(カジュアル)ゲーミング用に,安くて丈夫なメンブレンキーボードが欲しくなったため,1040円で購入しました。

無線 USB ドングルタイプという選択肢もありましたが,プロプライエタリの無線プロトコルは Mousejack 脆弱性への対応から Logicool (Logitech) の Unifying 以外は全く信用しておらず,その条件では良いものがなかったため,有線キーボードを選びました。

続きを読む 有線メンブレンキーボード ELECOM TK-FCM103BK ミニレビュー

Debian 10 + Xfce + Let’s note RZ4 で画面自動回転

GNOME 3 であれば iio-sensor-proxy 経由で加速度センサによる画面自動回転にデフォルトで対応していますが,GNOME 3 はラップトップのデスクトップ環境としての実用性が限られているという問題があります。しかし,Linux の常としてセンサの入力もデバイスファイルとして扱われているので,他のデスクトップ環境でも,簡単なスクリプトで状態を読んでやれば画面の自動回転ができるようになります。

続きを読む Debian 10 + Xfce + Let’s note RZ4 で画面自動回転

Debian 10 “Buster” が stable に

2019年7月6日,Debian 10 “Buster” が stable になりました。これにともない, “Stretch” は oldstable となります。

Buster ではそれほど目立つ変化はありませんが,AppArmor のデフォルトでの有効化,UEFI 対応強化など足回りが着実に強化されています。これまで testing として使ってきた感覚では,全体的に X 周りの安定性が高まっている印象もあります。

Stretch は2022年頃まで LTS 対象となる見込みです。Buster は2022年頃まで stable としてサポートされ,2024年頃まで LTS 対象となる見込みです。