このサイトについて

堅い裃角取れて マンテルズボンに人力車
意気な束髪ボンネット 貴女に紳士の出で立ちで
うわべの飾りはよけれども 政治の思想が欠乏だ
天地の真理がわからない 心に自由の種を蒔け
――「オッペケペー節」より

日記帳あるいはチラシの裏。

コメントはすべて承認後の公開となります。あしからずご了承ください。コメントの投稿にあたり IP アドレスが記録されます。また,スパムフィルタを導入しているため,コメントの内容によっては自動でブロックされている場合があります。

Comments will be published after approval. IP address will be recorded on submission. Note that your comment could be dropped by the spam filter, dependending on its text.

チラシの裏なので記事の誤字脱字など加筆・修正は適宜おこない,その記録は基本的に表示しません。なぜか公開した後のほうが誤字脱字や補足すべき情報がよく見つかるもので,公開後ちびちび書き換わるかもしれませんが,お気になさらず。

レビューなどは執筆時点でのものです。ソフトウェアの更新などに伴い最新の情報ではなくなっている場合があります。投稿日を確認の上,参考程度に利用してください。

このサイトでは趣味および勉強のため Matomo アクセス解析を導入しています。ログには,末尾2バイトが匿名化された IP アドレス 1,User Agent 文字列 2,リファラ 3,アクセス先ページおよびアクセス日時が含まれます。

このサイトの場合に限ればブラウザの設定から Do Not Track を有効にするだけでも記録されなくなりますが,技術的にブロックするべきです 4。Firefox や Chromium (Chrome) をお使いの場合であれば uBlock Origin を導入すれば,標準で導入されるフィルタに含まれる「/piwik.$script」を禁止するルールにより,(ファイル名が変更されていない限り)Matomo アクセス解析を遮断することができます。 5

なお,いずれの場合もウェブサーバのアクセスログ(レンタルサーバを利用していますので私の管理下にありません)は残りますのでご注意ください。

このウェブサイトで公開されたテクスト,画像,その他全てのコンテンツのうち私が作成したもののライセンスは,特記無き限り「All rights reserved(日本国著作権法に準拠)から,引用につき,文化庁ガイドライン(条文・判例に基づく)で言うところの“引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること”,“カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること”および“引用を行う「必然性」があること”を除いたもの」とします。著作権者は maruyuki です。

これは以下の理由によります。

  • 個人的な見解,意見に基づく記事が多く,派生物を公開可能なライセンスには馴染まない 6
  • 自分用のメモ置き場としての側面が大きく,公開後も頻繁に書き換えるため,古いバージョンの複製が残っていると混乱を招く可能性がある。また,古いバージョンの記事には参照するだけの価値がないと考えられる。

ただし,引用は法によって保証されている権利です。また,公開しない私的な複製であれば自由に取って頂いて構いません。私のメモが他の人の役にも立てば望外の幸せです。

お世話になっているプロジェクトに寄附しよう!
 自由ソフトウェアは通常無料で利用することができます。しかし,当然ながら,その開発には市販のプロプライエタリソフトウェア同様に大きなコストがかかっています。自由ソフトウェア開発を持続可能で安定したものとするためにも,日頃からの寄附で支えてゆくことが重要です。

また,サイバースペースの自由を守るために私たちの代わりに戦ってくれている団体も,日頃の寄附によって支えなければなりません。

オンラインサービスにも,公共性が高いものが多くあります。

このサイトは最新版および ESR 最新版の Firefox でのみ表示を確認しています。Firefox または他の自由なライセンスのウェブブラウザのご利用を推奨します。

Pocket

Notes:

  1. 例えば IP アドレスが 198.51.100.10 の場合,198.51.XXX.XXX として記録されます。
  2. 一般に OS やブラウザの種類やバージョンなどの情報が含まれます。
  3. アクセス元 URL が含まれます。SSL 化されていない検索エンジンをお使いの場合,検索キーワードが含まれます。
  4. というのも,ひょっとしたら私が嘘をついているかもしれません。Do Not Track は何の拘束力も持たず,(残念ながら)遵守するかどうかは各人に任せられています。実際,遵守されることのほうが少ないというのが実際のところのようです。
  5. ただし、広告をブロックすることを本来の目的としていることに留意する必要があります。
  6. 参考: 見解を示す作品のライセンス (例、意見や推薦文) さまざまなライセンスとそれらについての解説 – GNUプロジェクト – フリーソフトウェアファウンデーション