Tesla が月を走ってそうな EV トラック「Cybertruck」を発表

私は車にはそれほど興味がありませんが,これには驚きました。ロマンをありったけ詰め込んだような,空前にしておそらく絶後の機種です。

宇宙機を思わせる直線的な造形で,デロリアンのような無塗装ステンレスもまた宇宙的な印象を与えます。価格も3万9900ドル(約430万円)からと現実的です。

防弾ガラスのデモで鉄球を投げつけたところ思いっきり割れたことが話題になっていますが,まあご愛嬌といったところでしょう。

イーロン・マスク氏の言動はしばしば批判の的となりますが,マトモな神経をしていたらこのようなブッ飛んだものは作れないでしょう。今後永らく振り返られるモデルになることは間違いありません。

来年4月に CD Project RED の最新作オープンワールド RPG「Cyberpunk 2077」が発売予定で,海外でも根強い人気があるサイバーパンク漫画『AKIRA』の舞台も2020年ですが,2020年はサイバーパンクの年となるのでしょうか?

追記:生産開始は2021年とのことで,街を走り始めるのはもう少し先になりそうです。

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ

コメントを残す

投稿にあたり,完全な IP アドレスが保存されます(公開されません)。

コメントは承認後に公開されます。コメントの内容はスパムフィルタで処理されます。