Debian Jessie + Xfce で UIM ツールバーのアイコンの背景色がおかしいのを直すには

デフォルトでは GTK3 用のツールバーが使用されるため,GTK2 を使っている Xfce パネルと外観が揃わないのが原因。
GTK2 用のツールバーを使用するよう明示的に指定すれば解決する。

$ sudo update-alternatives --config uim-toolbar
alternative uim-toolbar (/usr/bin/uim-toolbar を提供) には 6 個の選択肢があります。

  選択肢    パス                             優先度  状態
------------------------------------------------------------
* 0            /usr/bin/uim-toolbar-gtk3-systray   90        自動モード
  1            /bin/true                          -100       手動モード
  2            /usr/bin/uim-toolbar-gtk            60        手動モード
  3            /usr/bin/uim-toolbar-gtk-systray    70        手動モード
  4            /usr/bin/uim-toolbar-gtk3           80        手動モード
  5            /usr/bin/uim-toolbar-gtk3-systray   90        手動モード
  6            /usr/bin/uim-toolbar-qt4            50        手動モード

現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください:

以上のような選択肢が提示される。
このうち,/usr/bin/uim-toolbar-gtk-systray の番号(この場合は「3」)を選択し,エンターキーを押す。

忙しい時ほどついどうでもいいことを調べてしまうのはどうしたことか……

Debian 上の GTK デスクトップ(Xfce, Gnome 等)で Qt アプリの外観を統合したい

何度やっても忘れるのでメモ。

1. qtconfig をインストールする。

$ sudo aptitude update && sudo aptitude upgrade
$ sudo aptitude install qt4-qtconfig

他の Qt パッケージにはあまり依存しておらず(自分の環境では libphonon4 が入っただけ)コンパクトに収まる。

2. qtconfig を起動する。

$ qtconfig

qtconfig-qt4 でもよい。インストールパッケージ名とは微妙に違うので注意。

3. 「外観」タブの「GUI スタイル」セクションにある「GUI スタイルの選択(S)」プルダウンメニューを開き,「GTK+」を選択。左上の「ファイル(F)」>「保存(S)」を選択するか,ウィンドウを閉じる際に表示されるダイアログで「はい(Y)」を選択すると設定が保存される。

4. Virtualbox とか Keepassx とかがいい感じになる。やったぜ。

参考:
Qt と GTK アプリケーションの外観の統合 – ArchWiki
arch linux – qtconfig tool for Qt 5? – Unix & Linux Stack Exchange Qt5 には qtconfig がないらしい