Debian 上の GTK デスクトップ(Xfce, Gnome 等)で Qt アプリの外観を統合したい

何度やっても忘れるのでメモ。

1. qtconfig をインストールする。

$ sudo aptitude update && sudo aptitude upgrade
$ sudo aptitude install qt4-qtconfig

他の Qt パッケージにはあまり依存しておらず(自分の環境では libphonon4 が入っただけ)コンパクトに収まる。

2. qtconfig を起動する。

$ qtconfig

qtconfig-qt4 でもよい。インストールパッケージ名とは微妙に違うので注意。

3. 「外観」タブの「GUI スタイル」セクションにある「GUI スタイルの選択(S)」プルダウンメニューを開き,「GTK+」を選択。左上の「ファイル(F)」>「保存(S)」を選択するか,ウィンドウを閉じる際に表示されるダイアログで「はい(Y)」を選択すると設定が保存される。

4. Virtualbox とか Keepassx とかがいい感じになる。やったぜ。

参考:
Qt と GTK アプリケーションの外観の統合 – ArchWiki
arch linux – qtconfig tool for Qt 5? – Unix & Linux Stack Exchange Qt5 には qtconfig がないらしい

Linux におけるラップトップマシン向け電力管理スイートの紹介(Pm-utils, Laptop-mode-tools, Powertop, TLP)

 Linux をラップトップマシンにインストールすると Windows に比べてバッテリの持ちが悪い,ということが言われることがあります。
 これは事実でしょう。最大の理由は,電力管理の設定が最適化されていないことです。Windows ではメーカが機種ごとに作成した環境のリカバリディスク,あるいはドライバやユーティリティ類がありますが,大半の Linux ディストリビューションでは,32コアのワークステーションでもポケットサイズのモバイルマシンでも同じ DVD を使ってインストールします。したがって初期設定はまずはどんな環境でもそつなく動くようにしておく必要があり,マシンの特性に合わせた最適化は施されていないのです。
 幸い,Linux ではさまざまな省電力機能がサポートされていますし,それらを一括して管理できる見通しの良いツールもあります。数十分ほどの時間をかければメーカが用意した Windows 環境並み,そして(大抵は Linux 環境の方が負荷が軽いこともあり)それを超える電力管理をも実現できます。私のメインモバイルマシンである CF-SX1 は Windows より Debian の方がファンが静かな上に快適に動きますし,バッテリの持ちも良いです。
 この記事では Linux 環境の代表的な電力管理スイートを4つ簡単に紹介します。あくまでも私の個人的な意見であることに注意してください。公式サイトに加え Arch Linux Wiki (Arch Linux ユーザでなくとも極めて役立つ必見リソースです)の該当記事へのリンクも付けましたので参考にしてください。

Pm-utilsArch Linux Wiki 記事
 他のツールと組み合わせることで電源管理にも利用できるため Laptop-mode-tools 等と並べて名前が出ることも多いですが,pm-utils 自身はあくまでもコマンドラインから電源を操作するためのツールです。
 電源管理スイートとして使うためには様々な設定・スクリプト作成が必要で,しかも利用できる機能は限定的です。そのうえ systemd 移行により機能が被ってメリットが失われ,それどころか問題の原因となりうることもあって,今ではあまり人気がないようです。既に pm-utils を利用するスクリプトを多く書いて利用しているという方はともかく,今から導入するメリットは薄いように思います。

Laptop-mode-toolsArch Linux Wiki 記事
 長らくラップトップ用電源管理スイートとしてスタンダードの地位を占めてきたツールです。名称は,カーネルに組み込まれている機能である「Laptop mode」を利用する(しやすくする)ためのツールという意味で,ラップトップマシンのための電源管理スイートの草分け的存在と言えるでしょう。私が最初に導入したツールがこれで,4年ほど前まで使用していました。
 現在でも使われていますが,いかんせん古いソフトという印象で,どうも設定が煩雑でわかりにくいです。よいソフトではあるのですが,他と比較すると,今から導入するメリットは薄いかもしれません。
 もっとも現在も開発は続いていますし,最近は github のコミットも活発になっているようです。これから大きく変わることもありえます。今後の発展に期待です。

PowertopArch Linux Wiki 記事
 Intel 謹製の電源管理スイート……というより,電源管理診断ツールといったものです。公式ウェブサイトでも「a Linux tool to diagnose issues with power consumption and power management」とされています。電源管理機能はあくまでも診断の便宜のためといったスタンスで,再起動すると設定は失われてしまいます。設定を永続化させるためには起動時に自動で powertop に命令するスクリプトを組むなどする必要がありますが,これが少々手間です。また,あくまでも診断のための機能のため,バッテリ駆動時と AC 駆動時でプロファイルを分けるといったこともできず(やるならこれも自前でスクリプトを組んでステートが変わるたびいちいち命令させる必要がある),あまり細かいことをするとデバッグの手間が出てきます。手抜きの荒業としては rc.local に(今なら systemd のサービスを)書いて /usr/sbin/powertop --auto-tune を起動時に自動実行させるというのもありますが(TLP 導入に先立って一時期そうしていました),細かい設定ができないことによる副作用があるうえ,マシンによっては大きな問題が発生することもありえます。
 一方で設定のチューニングには非常に使いやすいツールです。下記の TLP と併用している人が多いようです。概算の消費電力が表示されるのもなんだか楽しいです。

TLPArch Linux Wiki 記事
 結論です。今から入れるならコレ! 機能と手軽さの両面で他の3つを上回っています。
 公式サイトには「TLP comes with a default configuration already optimized for battery life, so you may just install and forget it」と頼もしいことが書かれています(もちろん,実際にはマシンや利用スタイルに合わせた調整もしたほうがより良いのですが)。Powertop と違いシステムの一部を構成する電源管理スイートとして設計されており,解説付きの設定ファイルを少しいじるだけで電源管理を最適化することができます。また,バッテリ駆動時と AC アダプタ利用時での別のプロファイルの利用に標準対応しています。systemd との親和性も高いです。
 現状では主として linrunner 氏という匿名の個人のみによって開発されていて開発の継続性や方向性がやや不透明なのが短所といえば短所ですが(cf. xscreensaver),既に6年以上開発が続いており,実績は充分です。
 Debian の場合,TLP はターミナルから以下を実行することで導入され,機能を開始します(詳しくは Arch Linux Wiki を参照)。

$ su
# aptitude update
# aptitude install tlp tlp-rdw
# systemctl enable tlp.service
# systemctl enable tlp-sleep.service
# systemctl disable systemd-rfkill.service
# tlp start

Raspberry Pi Foundation,PC 向け GNU/Linux ディストリビューションを公開

PIXEL for PC and Mac – Raspberry Pi
Raspberry Pi Foundation releases operating system for PCs, Macs • The Register

Introducing PIXEL – Raspberry Pi

 今年9月,Raspberry Pi Foundation は,Raspbian のデスクトップ環境に “PIXEL” という新しい名前を与えました。PIXEL という名前は「Pi Improved Xwindows Environment, Lightweight」の(ちょっと苦しい)略とのことですが,「ZX81 で BASIC のプログラムを勉強していた頃を思い出させてくれるもの」とのことでもあります。この変化はどちらかといえば目立たないものでしたが,デスクトップ環境が Raspbian から切り離されたことで面白いことができるようになりました。Raspbian のデスクトップ環境 PIXEL を Raspbian 以外の環境でも使う,ということです。
 上記記事では,デスクトップ環境として PIXEL を使用した Debian の実験版へのリンクが貼られています。書きぶりからすると,独立したデスクトップ環境としてというよりは Debian ベースの x86 用 GNU/Linux ディストリビューションとして開発してゆくものと見られます(elementary OS と Pantheon の関係に似ています。Linux Mint の Cinnamon・MATE のように専用から始めてだんだんと独立したデスクトップ環境としても成熟させてゆく考えかもしれません)。少々ややこしいですが,このディストリビューションも PIXEL と呼んでいるようです。
  PIXEL のベースとなっている LXDE 自体軽量デスクトップ環境として代表的なもので,しかもその見た目を Raspberry Pi 用に調整してきたものであるため,とても軽量なうえ低解像度環境にも向いたものとなっています。Eben Upton 氏の記事では「512MB以上の RAM があれば私の ThinkPad X40 のようなビンテージ物のマシンでも動く」として実際に X40 で PIXEL が動作している写真がアップされています。これまで「軽い Linux ディストリビューション」が現れては消えてきましたが,使いやすさとシンプルさのバランスが取れているのみならず開発の継続性に実績がある Raspberry Pi Foundation によって提供されることとなる PIXEL は新しい定番となるでしょう。
 PIXEL が公開されることにより Raspberry Pi に及ぼされる影響は,今のところよくわかりません。記事中では,学校では PIXEL・家では Raspberry Pi の Raspbian を利用するなどしてほぼ同様の環境を容易に提供できるようになる,デスクトップ環境としての PIXEL をより良いものとしてゆくために役立つ,という2つの理由が挙げられています。逆に,たとえば学校の授業で Raspberry Pi を使っている子どもが Windows に慣れるより先に Raspbian に慣れて,家に帰っても慣れた環境,すなわち PIXEL を使うようになる,ということもあるかもしれません。
 ともあれ,今後に期待ができそうです。

My original Minetest skins

These are some Minetest skins I made. All skins reached revision 1.0 are also available on Addi’s Open MT-Skin Database but make sure that any tweaks made on revisions higher than 1.0 will not be applied on the database because it seems there is no function to remove or update skins uploaded at this time. All skins on this post are licensed under CC BY-SA 4.0 or later / CC BY-SA 2.1 JP or later / GFDL 1.3 or later (pick one most suitable for your purpose). The author name is “maruyuki”.

Diceman
diceman-frontdiceman-back
A cube. First of all, it’s a dice.
Revision: 1.0
Release/Last update: 2016-08-15
Download
Variant: Floating dice.

Wireframe boy
wireframeboy-frontwireframeboy-back
In honor of the great vector scan age…
Revision: 1.0
Release/Last update: 2016-08-15
Download

Balloon 2
balloon-frontballoon-back
But still you will hear your footsteps, weirdly.
Revision: 1.0
Release/Last update: 2016-08-15
Download
Old version (Balloon 1, not using mantle, for environments 3D Armor Mod installed)

Police officer
police_officer-frontpolice_officer-back
A diligent police officer works really hard.
Revision: 1.0
Release/Last update: 2016-08-15
Download

Shopkeeper
shopkeeper-frontshopkeeper-back
A friendly yet shrewd shopkeeper selling everything, from daily foods to banned weapons.
Revision: 1.0
Release/Last update: 2016-08-15
Download

Aloha tourist
aloha_tourist-frontaloha_tourist-back
Blue ocean, shiny sun… Tropical islands awaiting your visit.
Revision: 1.0
Release/Last update: 2016-08-16
Download

Mondrian
mondrian-frontmondrian-back
More artistic one; Mondrian.
Revision: 1.0
Release/Last update: 2016-08-16
Download

Walking PDP-11
walking-pdp-11-frontwalking-pdp-11-back
Now you’re the elder legendary computer.
Revision: 0.5
Release/Last update: 2016-08-15
Download

Last update: 2016-08-15

Firefox のマウスホイールでのスクロール量を増やす

ブラウザだけスクロール量を増やしたい。IMWheel みたいなのもあるけど,めんどくさ大げさな気がする。そんな時に。

1, about:config を開く

2, “mousewheel.system” で絞り込み

3, “mousewheel.system_scroll_override_on_root_content.enabled” を false から true にする(Windows ではデフォルトで true らしい)

4, “mousewheel.system_scroll_override_on_root_content.vertical.factor” をデフォルトの 200 より大きい任意の値,たとえば400にする

5, 横スクロールも増やしたい場合は,”mousewheel.system_scroll_override_on_root_content.horizontal.factor” の値を同様に変更する。

調べてみると,なんだか似たようなオプションがいろいろある上スクロール量ではなく加速度を上げるというアプローチもあってややこしいけど,ともかく自分の場合は上の設定だけで期待した通りの挙動になった。
Chromium (Chrome) では,ブラウザ本体の設定ではできないらしく,たとえば「Chromium Wheel Smooth Scroller」などのアドオンを導入する必要があるらしい。

参照:
Gecko:Mouse Wheel Scrolling – MozillaWiki
Can anyone explain mousewheel.default.delta_multiplier? • mozillaZine Forums
xorg – How to change my mouse wheel scroll rate? – Ask Ubuntu
29.0.1 Mouse Wheel : firefox

Firefox の UI が極端に大きく(あるいは小さく)なったら

少し前,Debian で Iceweasel をアップデートしたら,設定が勝手に変わったのか解釈の仕様が変わったのかで Firefox の UI(HTML レンダリングだけでなく,ボタン類も)が極端に大きくなってしまった。が,検索したら一瞬で解決したので,忘れないうちにメモ。

My websites and UI have suddenly become huge. How can I get them back to a normal, smaller size? | Firefox Support Forum | Mozilla Support

about:config にアクセスし,layout.css.devPixelsPerPx の値を変更。自分の環境では -1.0 -> 1.0 に変更で完璧。
でも,改めて考えてみると他にも何かありそうだし,一度設定をリセットしたほうがいいかなあ。

WordPress に脚注機能を付けるアドオン Simple footnotes を導入

 以前,はてなダイアリー 1を利用していた頃に重宝していた機能のひとつに「脚注 2」があるのですが,Wordpress 3 4 には標準ではこの機能はなく,Wordpress への乗り換えに伴い使えなくなってしまいました。今 5にして思えばその時に脚注を追加するアドオン 6 7も探しておけばよかったのですが,当時 8少し 9忙しかった 10こともありそのまま 11にしてしまい,脚注を使わずにブログ 12記事を書くこと 13に慣れて 14しまいました。しかし今朝ちょっとした文書を書いていて,ブログで脚注を使うことの便利さ 15を思い出し,このアドオンの導入に至りました。今後はどんどん 16脚注を使っていきたいと思います 17

Notes:

  1. http://d.hatena.ne.jp
  2. 英:footnote
  3. オープンソースの CMS 環境である。
  4. 「Worldpress」ではない。
  5. 2014年12月。
  6. 英:add on
  7. 今回は Simple footnote というものを導入したが,他にも同種のアドオンはいくつか存在するようである。いずれも WordPress の公式レポジトリから導入できる。
  8. 2013年8月。
  9. あまり多くはないという意味である。
  10. 「忙しい」の定義は人によって大きく異なるため,注意が必要である。
  11. つまり,そうしたアドオンを導入していない状態という事である。
  12. 「ウェブログ web log」の略である。
  13. ここでいう「書く」には,書いたものを公開することも含める。
  14. 心理的または肉体的に抵抗感がなくなることをいう。
  15. 補足的な情報を記述するために括弧を使うと,ただでさえ冗長な私の文章がさらに冗長になってしまう。脚注を使うことで,事態は多少改善する。
  16. 太鼓の音ではなく,勢いや程度が大きいことを示す擬態語である。
  17. ふう,書き終わった。

Linux 用 Twitter クライアントの決定版:「gFeedLine」

普段私が PC で Twitter へアクセスするときには公式 web か Hootsuite を使うことが殆どなのですが,最近ちょっとミュート機能が必要となる場面があり,Linux の Twitter クライアントを調べてみました。すると,「gFeedLine」というものがよさそうとの情報を発見。なんでも開発者は日本人の方だそう。日本における Twitter の使い方は他の国とは少し違いますので,これは期待できます。

依存関係を満たし .deb をインストールして起動し,「編集(V) > 設定(P)」からアカウントや表示するフィードの設定を終えた画面はこんな感じです。一見何の変哲もない画面ですが,User Stream 対応で API 切れの心配がありません(これが欧米発のプロジェクトでは対応するつもりもない場合が大半)。
snapshot7

同じく(ほぼ)日本独自の機能であるミュート設定も充実しており,特定の語を含むツイートや特定のユーザーによるツイートを隠すことができるのはもちろん,語やユーザーごとにミュートを続ける期間を細かく(最短1時間刻み)設定することができます。映画などのネタバレツイートの流れ弾被弾を防ぐのに役立つこと請け合い。
snapshot5

テーマを変更することもできます。
snapshot6

難点は投稿時のキーショートカットが(あまり一般的でないように見受けられる)Ctrl + U で変更不可という点くらいで,(→事実誤認でした。一般的な Ctrl + Enter でもポスト可能です。お詫びして訂正いたします)軽くて安定動作,ミュートや Userstream など日本人ユーザーのツボをおさえた機能アリと素晴らしいクライアントです。Linux 用 Twitter クライアントは他にもいくつか試してみましたが,日本で求められる機能を備えつつ万人におすすめできるものというとやはりコレが一番でしょう。

追記:
自分は最初からアルファ版を試したので気づきませんでしたが,執筆時点現在の正式版 2.4.1 には「システムがサスペンドからレジュームした時に user stream が切れたままになる」という問題があるようです。この問題はアルファ版 2.4.2 では修正されています。アルファ版とのことではありますが,かなり安定していますので,特別な理由のない限り 2.4.2 を選ぶべきでしょう。

参照:
gfeedline – Social Networking Client – Google Project Hosting
GFeedLine: GNOME 向け SNS クライアント | yendo weblog
Geeekooo: Twitterクライアント(Ubuntu編) [追記]
GFeedLine: A Social Networking Client For Twitter, Facebook And Tumblr