JINS の通販で眼鏡を買ってみたメモ

 JINS 店頭で眼鏡を買ったら通販限定の30%引き券を貰ったので,通販も試してみました。おもいっきり導線に引っかかってる。
 
 商品選択・度数選択は JINS の通販ウェブサイトでできます。度数はユーザが勝手に入力する仕組みなので,むちゃくちゃな度数の眼鏡も作ろうと思えば作れるはずです(だからどうしたという話ですが)。店頭と違いレンズの屈折率を自分では選べないようで,おそらくこれが理由で,私の度数ではレンズ面が大きなフレームは選択できませんでした。ひょっとしたらレンズの在庫状況なども関係しているのかもしれません。
 欠点はむろん実際にかけて試せないことですが,私はもともとオーソドックスなものしか選ばないのであまり問題ではありませんでした。むしろ,細かい寸法データを比較しながらゆっくり選べるのがよかったです。
 
R0013046
 注文してから数日後,こんな箱に入って届きました。配送は佐川急便でした。撮る前に破ってしまいましたが,この上からビニール袋で覆ってあって雨などで濡れないようになっています。写真がむちゃくちゃなのは資料だから許して。
 
R0013048
 封筒の中には「ご注文納品書」,「保証書」,「返品・交換カード」,それにレンズのパッケージが入っていました。店頭で買うのと同じ Hoya Lens Thailand ltd. 製レンズです。

R0013049
 空中に浮かせて衝撃から保護するタイプのパッケージングです。

R0013050
 眼鏡を不織布で覆って眼鏡ケースのなかで動いて擦れないようにされています。当然ですが,傷などはありませんでした。
 
 税込6372円が30%引きで4461円也。いい買い物。
 私は小さい頃から眼鏡なので,眼鏡といえば精密な医療器具という感覚なのですが,「安物」でも案外値段ほどの差はないものです。JINS の眼鏡は既におそろしく安いですが,通販によるコスト圧縮で品質を落とさず値段を更に下げるというのはよい考えですね。一方で JINS 一強の現状は消費者としてはどうも危なげな気もしますし,医療器具というイメージから産業の空洞化的アレにも思いを馳せたりしつつ新しい眼鏡でこの記事を書いています。ま,とにかく良い眼鏡が安く手に入ってよかったです。

最近買ってみて QOL が上がったニッチなもの5つ

 ここ数ヶ月で買ってみて QOL が上がったニッチなもの5点です。どこにでもありそうなものやガジェット類は含めていません。写真があるとわかりやすいのですがめんどくさいので事情により文章のみです。伝われ。

1. 机の下に置ける収納棚
 既にあるという方も多いかも知れません。事務机をイメージしていただくとわかりやすいでしょう,机の下・足の横にくる,あの棚です。自分は安物の机を買ったためこれがありませんでしたが,あったら便利だろうと思いたちホームセンターでちょうどよいサイズのものを探して購入してみました。効果はテキメン,いつでも机の上が片付いて,すっきりした気持ちで作業ができるようになりました(そのかわり一番上の引き出しの中は地獄ですが……)

2. 書類を立てて保管する箱
 「書類立て」という呼称が一般的なようです。100円均一などでもよく売られているあれです。これまで論文や配布資料のたぐいは箱に入れて保管していて,目当てのものを探し出すには「箱から出す→探す→見つける→残りを箱に戻す」という手間が必要だったのですが,これを導入してからは「探す→見つける」とダイレクトにできるようになりました。リングファイルと比べても,いちいちファイリングする手間がなく,穴が傷む問題もなく大変便利です。ただ埃が積もりやすく長期保管には向かないので,古い(=参照頻度が低い)ものはこれまで通りの箱に移動することにしています。個人的には100円均一よりちょっと高めのしっかりしたものがおすすめ。

3. 間接照明のスタンドライト
 間接照明と言えばシャレオツ(死語)な部屋にしか必要ないようなイメージですが,実は逆で,雑然としたダサい部屋でこそ真価を発揮します。煌々と光る昼光色のシーリングライトを消して,おだやかな電球色の明かりだけで過ごしてみると,これがなかなか落ち着くものです。LED 電球ならベッドサイドに置いても安心。

4. 天井とシーリングライトとの間に挟んでリモコン操作を可能にする器具
 ベッドに倒れこんでから照明を消していないことに気づき立ち上がることほど億劫なものはありません。ついぞ立ち上がることができずに照明を付けたまま寝てしまったことも数えきれないほどあります。これでは疲れも取れやしません。しかし,この器具さえあれば,どんなに疲れ果てていても枕元のリモコンに手を伸ばすだけでちゃんと照明を消して眠ることができます。

5. 厚手ビニールの書籍カバー
 小学生の頃使っていたような,あれです。資格予備校のテキストや雑誌などは表紙が普通紙(かそれに近い材質)のため,持ち歩くと非常に傷みやすいですが,これを使えばばっちり保護することができます。たった数百円の投資で,もうみすぼらしいヨレヨレの表紙は見ずにすむようになります。