202X年 HMD のある暮らし

 けたたましく鳴る目覚まし時計のアラームで目が覚めた。時刻を見ると,8時半。ちょっと寝坊してしまった。ベッドから飛び起きて,急いで身支度を整える。寝ぐせを櫛でねじ伏せて,顔を洗って。財布を忘れず持ったことを確認してから,充電台から「眼鏡」を取って装着した。
 <おはようございます>
 自動で「眼鏡」の電源が入って,控えめな色の文字が視界に浮き出る。これからまた家に帰るまで,自分はこの「眼鏡」越しの景色を見て過ごすことになるわけだ。この「眼鏡」というのは,もちろん単なる眼鏡ではない。最近出てきたちょっと面白い機械で,見た目は普通の眼鏡と何ら変わらないながら,液晶ディスプレイのようにさまざまな情報を表示できるのだ。つまり,現実世界に「眼鏡」の映像が重なる格好になる。これを「拡張現実」と言うそうだ。拡張現実。まったくその通りで,入力も出力も肉体とうまい具合に一体化している。たとえば,「眼鏡」のディスプレイが表示可能な領域は視界のほとんど全体に渡っていて,ヴァーチャルなものを全く違和感なく現実に重ね合わせることができるし,つるに内蔵された骨伝導イヤフォンで音も鳴らすことができる。操作もいかしていて,視界全体がまるでタッチパネルのように指で操作できるほか,簡単な機能は視線ジェスチャで,目を動かすだけでもできる。ほんの数年前まで,ちっちゃいタッチパネルを親指で必死にいじくっていたことを考えると,まったく信じられないほどの進歩だ。
 いや,そんなことを言ってる場合じゃないな。なんとか次のバスに間に合わせないと!

 急いだおかげか,ちゃんとバスに間に合った。そのうえ意外に空いていて,席に座ることもできた。これはありがたい。
<「今日のニュース」>
 一息つくと,「ポーン」という電子音とともに文字が浮き出て,ニュース記事の一覧が空中に現れた。「眼鏡」はなかなか賢くて,GPS や加速度センサなどの情報をもとに,ユーザがいまどこで何をしているかを判断して動いてくれる。この場合は,バスが発進したことを認識して,いつも退屈まぎれに開く「今日のニュース」アプリを自動で表示したわけだ。こういうのを「コンテキスト・アウェアネス」と言うらしい。この流れは最初からプログラムされていたわけでもなければ,自分で設定したわけでもない。ただ,バスが発車したら「今日のニュース」を開く,ということを何度か繰り返しているうちに,機械の方で勝手に覚えてくれたのだ。
 どれどれ…… ん,「松野家,牛丼また値上げ」? こいつはけしからんな。いくら上がるんだろう。気になったニュースがあれば,ただ単に指を伸ばしてその記事のタイトルを押せばいい。もちろん現実世界には何も無いのだけれど,「眼鏡」の視界では30cmくらい離れたところにディスプレイがあるように見えて,そのあたりを指で触るようにすればちゃんと反応してくれる。この仕組みはなかなか不思議だけれど,超音波とサーモグラフィーの組み合わせで実現しているらしい。なんとも便利だが,一つだけ問題がある。傍から見たら不審者以外の何者でもないのだ。「眼鏡」もだいぶ普及してきたので購入当初のように不審者を見る目で見られることも少なくなってきたが,やはりあんまり格好の付くものではない。メーカーも同じ事を思っているのか,近頃は脳波を読み取って操作する仕組みの開発に力を注いでいるとのことだ。実現まであと一歩というところまで来ているらしい。これが使えるようになれば,もう人の目を気にする必要もなくなるだろう。
 ちなみに牛丼は30円値上がりするらしい。貧乏学生にはつらい話だ。

 午後の講義がひとつ休講になった。図書館で本を読んでもいいが,せっかく天気がいいのだから少し散歩でもしよう。ジェスチャーで「眼鏡」のメニューを呼び出し,「ヴァーチャロポリス」を起動した。これはいま世界中で大人気のアプリで,現実世界のあらゆる場所,物に好き勝手にメモを貼ったり 3D モデルを置いたりできる,言わば VR 掲示板だ。20年近く前,日本の会社がこれとよく似た機能を持った携帯電話アプリをリリースしたそうだが,当時のハードウェアの制約からあまりうまく行かず終わってしまったらしい。世に出るのが早すぎたとしか思えないものが,世の中には時々あるものだ。
 新しいもの好きの人が多いキャンパスだからか,あまり人の通らないような裏道であるにもかかわらずやたらめったらと書き込みが多い。「ここで携帯電話を落として壊した。かなしい」お気の毒に。「至急! 誰か“UNIX システム概論”のノート見せて!」授業に出ろ。「ここでツチノコを見た。転がるようにして逃げていった」んなアホな。「この木の名前知ってる人いたら教えて」これは心当たりがあるので返信。「たぶんサルスベリじゃないかな」
 陽にあたって健康的なんだかネット浸りで不健全なんだかよくわからない散歩をしているうちに,次の講義の時間が近づいてきたので,講堂に向かった。

 退屈な授業を終えてバスに乗ったが,今日はまだ家には帰らない。新宿で旧友と少し飲む予定があるのだ。連中と会うのは久々なので,なかなか楽しみなところ。
 <新宿までの乗り換え案内を表示しますか?>
 駅構内に入ると,半透明のウインドウが表示された。スケジュール帳のデータから新宿に行くということを予測し,乗り換え案内を自動で検索してくれたのだ。「はい」ボタンを押すと,何分の電車に乗ればよいのかの案内が表示された……が,電子切符のクレジットが切れていたんだった。まずは入金しなきゃなあ。指先でウインドウをひょいとつまんで脇に移動させて,券売機へと向かった。

 電車はかなり混んでいた。電車に限らず,公共交通機関というのはどうも好きになれない。むやみに人が多くて心が荒んでくる。混んでいなければそうでもないが,いつ乗っても混んでいる気がする。絶望的だ。でも,そんな電車の中を多少はマシにしてくれるものがある。それが「眼鏡」だ。ほら今も,電車が発車したことを認識して,自分好みのラテンジャズをかけてくれている。
<「読書」アプリを起動しますか?>
 こう混んでいては手を動かしてボタンを押すわけにはいかないので,両目をぎゅっとつむる。これが「はい」の意味だ。すぐに画面が切り替わり,読みかけの『日本の宇宙開発史』が表示された。ページ送りは自動で,視線の動きを認識してうまいタイミングで次のページに切り替えてくれる。
 さて,つり革にしがみ付きながらではあるが,しばらく本を読みながら到着を待つことにしましょうか。あいつら,変わってないかなあ。

レノボが自社製 PC に悪質なアドウェア「Superfish」を載せて出荷した話

 何日も前の話ですが,別に速報したいわけでもないので気ままにメモ。経緯も面倒なので端折ります。上のリンクを見てください(丸投げ)。
 19日ごろから,レノボ製 PC の現行モデルの多くに「Superfish」という非常に悪質なアドウェアが組み込まれているということが大きな話題となり,レノボに批判が集まりました。内容や問題点については以下のページが詳しいですが,簡単に言えば,サーバとブラウザの間の通信を勝手に盗み見て改竄する(広告を挿入する)というもので,この機能を実現するために独自の証明書が信頼できる証明書として登録されてしまっているのですが,そのやり方がむちゃくちゃで,秘密鍵が抽出でき,悪用し放題となってしまっているというのです。

Superfishが危険な理由 – めもおきば

 Superfish がここまで問題視されているのは,技術的にあまりにお粗末で,第三者による悪用のリスクが非常に高いためでしょう。シュリンクアップ契約のようなものであれ,流石に何らかの合意は取ってあるでしょうから,合法ということにはなるはずです。しかし,もし仮にもっとうまく作られていたとして,リスクが限りなく低く保たれていたとしても,やはり企業として超えてはいけない一線を超えてしまっていると思います。暗号化通信への介入は,その当人のみならず通信の相手の機密をも侵すものですから,本来,片方の当事者のみの合意によって正当化されるべきものではありません。どうしようもない場合もあるでしょうが,それにしても,ウイルス対策など社会的に大きな意義のある目的に基づく場合について,必要最小限の通信を対象とすべきであり,かつ前提として,他に現実的に取りうるよりマシな選択肢がない必要があるはずです。しかも,パターンマッチングなどによる,安全保障上の危険分子や違法なファイルの共有者などの炙り出しのための非公開のファイルの“機械的検閲”が,少なくとも米国や中国などにおいては,事前・個別の令状取得や本人の合意がなくとも合法なものとして認められ,横行しているのが現実です。この文脈上,暗号化通信への介入への問題は人権としての表現の自由とそれに由来する通信の秘密についての問題にも繋がりうるものです。Superfish は暗号化通信を不必要に広範に暴くものであり,ただ単に「脆弱性を作りこんだ」という以上の意味があります。
 しかしまあ,暗号化通信への介入と書き換えという極めて重大な意味を持つ行為が,ただ単に広告を挿入するためだけに実行されたことも,この業界における消費者とメーカー・ソフトウェアベンダーの力の関係からすれば何ら怪しむには当たらないでしょう。なにせ,ユーザーのプライバシーについて,法律に規定されたごく最低限のものを除き殆どあらゆる権利がメーカー・ソフトウェアベンダーに留保され,ユーザーすなわち消費者の権利は彼らの EULA の書き方と良心にかかっているという状況なのです。「お客様は神様です」も考えものだとは思いますが,お客様が家畜か何かのように扱われるのはもう問題外でしょう。極端な例として,ここ数年,ロシア政府やドイツ政府がタイプライターの導入を検討しているというニュースが流れ 1,笑い話のように語られてきましたが,このいびつな業界慣行が是正されないままであれば,これが笑い話でなくなり,「機密情報は PC では扱わない」が常識となるのもそう遠い未来の話でもないかもしれません。

最後に,EFF 2 と MIAU 3 と Debian 4 の寄付ページヘのリンクを貼ってみたり。
Donate to EFF | Electronic Frontier Foundation
MIAU : 寄付のお願い
Debian — Donations

Notes:

  1. In the name of security, German NSA committee may turn to typewriters | Ars Technica
  2. 電子分野におけるユーザーの権利を守ることを目的とする米国の非営利団体で,世界的な影響力を持つ
  3. EFF と類似の目的に立つ日本の団体
  4. 特に影響力のある Linux ディストリビューションのひとつで,コミュニティにより民主的に開発され,Ubuntu や Linux mint のベースにもなっている

ジャンクの VersaPro VC-7 を買ったメモ

秋葉原 PC-NET でジャンクの NEC VersaPro VC-7 (PC-VY14A/C-7) を買ったメモ。

・C2D SU9400,RAM 1GB(DDR3,MAX 3GB,非公式ながら5GBまで認識可),HDD 120GB
・むっちゃ軽い。バッテリ込みで実測900g切ってる。軽さに惹かれて衝動買い。
・こう軽けりゃ当然 SSD に換装するしかない(?)けど,軽さの代償として,分解を前提とした作りにはなっていない。構造上,ダメージ無く分解することはほぼ不可能。この手の作業には慣れてるつもりだけどキータッチが少しおかしくなってしまった…… なお分解レポートを公開してくださっている方がいることもあり,分解自体は比較的簡単(参照:2011年05月04日の記事 | nana1451@たぶん日記 – 楽天ブログ
・AC がちょっと特殊な 10V 4A のブツ 1で,秋葉原でも発見が難しい。幸いネット通販でなら中古2000円ほどで入手可。
・RAM は DDR3 で,4GB 追加の合計5GBまで認識することを確認。初期の DDR3 モデルに共通の仕様として,2Gbit チップまでの対応なので注意 2
・腑分けしてびっくり,無線 LAN 非搭載モデルだった 3。残念。
・Debian Wheezy が普通に動く。
・自分の個体のバッテリはそれほど劣化していなかった。互換バッテリが売られていないので,バッテリの劣化が激しい個体を引き当てるとけっこうつらいかも。

かかった費用(本体以外は概算)
・本体 – ジャンク3780円
・AC ケーブル – 中古2000円
・DDR3 SODIMM 2GB – 中古500円
・SSD 32GB – 新品3500円
・PC カード wlan アダプタ – 中古300円
合計:10080円

本体は安かったものの,というジャンク品の王道パターンにはまってしまったなあ。そして,これで実戦可能なモバイル機が意味もなく4台に……

参照:
公式スペック表
公式周辺機器表,バッテリの型番など
公式ドライバ配布ページ,~Win7
NECモバイルノート LaVie J/VersaPro VY/UltraLiteタイプVC・VM @ ウィキ – 7代目(3代目Ultralite) タイプVC・タイプVM パワーアップ情報(2ch スレ由来の wiki)
価格.com – 「VersaPro UltraLite タイプVC」レビュー(発売当時の広告記事,ベンチなど)

15/2/8 スペック(CPU,RAM)情報修正,リンク追加

Notes:

  1. 何種類かある。自分が購入したのは ADP69 という機種。
  2. 簡単な見分け方としては,4GB の場合,裏表8枚ずつ全部で16枚チップがついてるやつ。2Gbit*16=32Gbit=4GB。
  3. PCI-E half size スロット(筐体の構造上フルサイズは入らない)はある。アンテナは無し。

クアッドコアの新型 Raspberry Pi,「Raspberry Pi 2 B」発売

 2日,Raspberry Pi の新型がサプライズ発表・発売されました。今回はマイナーモデルチャンジではなく全面的な刷新で,新機種の名前は「Raspberry Pi 2 model B」。Twitter ではかなりの反響が見られ,公式サイトも一時落ちてしまっていました。嬉しいことに,日本でも同時発売です。
 「2」の特長は 900Mhz のクアッドコア Cortex-A7 プロセッサ「BCM2836」と 1GB に倍増した RAM,そして旧モデルから据え置きの価格(35ドル,RS 日本は4,291円)です。CPU は従来モデルから最大6倍の性能アップになるとのこと。6倍はマユツバな気もしますが,シングルスレッドのベンチ(つまり,1コアあたり)だと約1.5倍の性能だということなので,ヒートシンク付けてしっかり冷却する前提ならなるほど妥当なところかという気もします。
 地味ですが大きな特長として,旧モデルとの完全な互換性が維持されているということがあります。Adafruit のいかした液晶筐体のようなこれまでに発売された拡張機器はどれもそのまま使えるし(追記:Switch Science 社のブログによると,ケースによっては干渉が生じ,加工する必要がある場合もあるようです),これまでに Raspberry Pi についてのレクチャーを受けた子供たちはそのまま「2」に乗り換えることができるわけです。営利企業の製品じゃあ,なかなかこうはいかないでしょうね。それから,今回はマイクロソフトから ARM 版 Windows 10 付きの IoT 開発環境が無償提供される予定のようです。
 
 以下戯言。ネットに上がっている Unixbench の結果報告を見ると,先代 Raspberry Pi B 512MB/B+ System Benchmarks Index Score は概ね100前後(1,2,3)で,Atom N2800 がだいたい800くらい(1,2,3),Atom 230 がだいたい400くらい(1,2,3)のようです。両者の比率は Passmark の表とも一致しますので,ここから強引に換算して BCM2836 の(推定される)ベンチ性能と同じぐらいのものを探してみると,Intel Celeron N2805,PentiumM(Banias?) 2GHz,AMD C-50 などが見つかります。ちなみに先代 BCM2835 はかろうじて VIA Samuel 2 という2001年発売の化石が引っかかる程度です。どうでしょう? なかなかいい感じじゃありませんか?