Brastel 050 Free を契約したメモ

概要
・いわゆる SIP サービス。
月額基本料(050番号使用料を含む)無料,Brastel 050 Free 回線同士の通話も無料。電話回線への通話料も携帯電話の音声回線と比べて安い。また,オープン標準に準拠したサービスであるため好きなクライアントを利用できる。
・事業者のブラステル株式会社は1996年設立で国際電話が主力の日本の会社。電話回線のノウハウもあるはずなのでよくある新興の専業企業より安心できそう。それにサーバが国内にあるので海外のサービスと比べて対電話回線の通信が安定する,かも。
・セキュリティがどうなっているのかは記載がなく不明。SRTP が使えず TLS も使えないので垂れ流しの可能性が高い。信頼できる回線(自宅の共用でない固定回線,モバイル回線など)でのみ利用しましょう。また,その場合でも,国家機密とかについて話すのはやめときましょう。->なお NTT Com の「050plus(月額基本料324円)」は SRTP,TLS 対応らしい。もちろん対電話回線の通話ではサーバまでの暗号化なのでその場合はこっちもやはり国家機密は話せませんが(?)
・また,IP 電話に共通する話として,電話回線と比較して信頼性が低いのでそのへんは頭の片隅に置いておきましょう。

契約
・けっこうわかりにくい。
・クレカでのオンライン登録が可能だが,SMS に対応した(つまり音声通話に対応した)携帯電話回線が必要になるほか,始めに2000円チャージする必要あり。Brastel Card を取り扱い店舗に行けば500円のチャージで登録できるらしい。
・左の「インターネット電話」>「スマホ・パソコン・その他端末」から登録開始(「Flipのお申し込み」ではない)。
・「ユーザーID」は「アクセスコード」の左8桁,「暗証番号(PIN)」は「アクセスコード」のスペースを挟んだ右4桁。ややこしいので注意。
・個人情報を入力したり規約(余談。短いのは嬉しいものの不備が多い気がする。特に「利用の停止について」6-iiは定義なしの「他の団体」に不正行為を行った利用者の個人情報を提供できることになっているので相当アレ。問い合わせたら変わるだろうか)に同意したりして登録完了
・050 Free の登録と050着信サービスの登録は別なので注意! 末尾「7800」はシステムの発信専用番号です。左上「ログイン」からログインの上「カード情報」>「SIPアカウント」から番号追加。番号は選べない。

準備
・標準アプリは無料の「Cloud Softphone」およびその有料版の「Acrobits Softphone」というものの2つで,プッシュ着信はこの2つのソフトでのみ公式サポート。ただ,あんまり使いやすくはない。バッテリ消費量如何では「CSipPhone」みたいな定番のほうがいいかも。その場合も,アカウント名(ソフト内でのみ使用する任意の名前),サーバ(ドメイン/ホスト),ユーザ名(ユーザーID),パスワードを入力するだけで利用可能。

発信
・冒頭にチャージ残高での通話可能時間についてのガイダンスが入る(数秒)。10秒くらいの自社サービス宣伝が流れることもある。そのまま待つと発信,普通に通話できる。
・まだちゃんと会話して試してはいないけれど,自分の回線にかけてテストしてみた限り,DTI 490円 SIM のベストエフォート250kbps回線でも問題なく通話可能。

着信
取得した050番号で着信できる。着信はプッシュ対応。
某巨大掲示板の情報によると APN f1.mobile.ne.jp または lte-mobile.jp に接続する回線ではプッシュ着信はそのままでは利用できないらしい。その場合でも「PNF NoRoot」というソフトを導入することで解決できるらしい。
ありがたいことに,向こうに聞こえる「○×にお繋ぎします」のようなガイダンスはなし。そのまま繋がる(番号と音質以外は電話回線と変わらない感覚で利用してもらえる)。

「Brastel 050 Free を契約したメモ」への2件のフィードバック

  1. ブラステルの050Freeは機種による相性がかなり出ます
    まわりの友人たちに協力してもらって、なるべく新しい機種で下記の設定を試せば、ブラステルの050Freeと相性の良い機種を発見できるかもしれませんよ

    着信は、050Freeのプッシュ着信にして、発信は、低遅延で高音質のMizuDroidをデフォルト設定のまま使用しています

    MizuDroidは、一時間で着信できなくなり電池使用量も多くなるので、通話終了後はMizuDroidも終了させて下さい

    通話料が激安になるブラステル(050 Free)で、かなり遅延や音声途切れが発生する方は、以下の設定を試してください
    ○ Wifiと3Gのコーデックは2つ(GSM、G.711u-Law)とも有効にしておく
    ○ エコーキャンセルをOFF(チェックを外す)にする
    ○ あとの設定はデフォルトのまま      (この設定で改善した機種:Xperia Z3 Compact SO-02G)
    上記の設定でも音質が悪い方は、wolfsonの高音質チップを搭載した機種(Galaxy 初代S、S3、S6、 SH-06E、SH-07E、206SH、 Galaxy Note II)に買い換えて下さい
    なお、発信だけ改善すれば良い方は、MizuDroidをデフォルト設定のまま使用すれば、かなり改善しますが一時間で着信できなくなり電池使用量も多くなるので、通話終了後はMizuDroidも終了させて下さい

  2. なるほど……相性なんてのもあるんですね。調子が悪い場合は他の端末や SIP クライアントを試してみるといいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。