JINS の通販で眼鏡を買ってみたメモ

 JINS 店頭で眼鏡を買ったら通販限定の30%引き券を貰ったので,通販も試してみました。おもいっきり導線に引っかかってる。
 
 商品選択・度数選択は JINS の通販ウェブサイトでできます。度数はユーザが勝手に入力する仕組みなので,むちゃくちゃな度数の眼鏡も作ろうと思えば作れるはずです(だからどうしたという話ですが)。店頭と違いレンズの屈折率を自分では選べないようで,おそらくこれが理由で,私の度数ではレンズ面が大きなフレームは選択できませんでした。ひょっとしたらレンズの在庫状況なども関係しているのかもしれません。
 欠点はむろん実際にかけて試せないことですが,私はもともとオーソドックスなものしか選ばないのであまり問題ではありませんでした。むしろ,細かい寸法データを比較しながらゆっくり選べるのがよかったです。
 
R0013046
 注文してから数日後,こんな箱に入って届きました。配送は佐川急便でした。撮る前に破ってしまいましたが,この上からビニール袋で覆ってあって雨などで濡れないようになっています。写真がむちゃくちゃなのは資料だから許して。
 
R0013048
 封筒の中には「ご注文納品書」,「保証書」,「返品・交換カード」,それにレンズのパッケージが入っていました。店頭で買うのと同じ Hoya Lens Thailand ltd. 製レンズです。

R0013049
 空中に浮かせて衝撃から保護するタイプのパッケージングです。

R0013050
 眼鏡を不織布で覆って眼鏡ケースのなかで動いて擦れないようにされています。当然ですが,傷などはありませんでした。
 
 税込6372円が30%引きで4461円也。いい買い物。
 私は小さい頃から眼鏡なので,眼鏡といえば精密な医療器具という感覚なのですが,「安物」でも案外値段ほどの差はないものです。JINS の眼鏡は既におそろしく安いですが,通販によるコスト圧縮で品質を落とさず値段を更に下げるというのはよい考えですね。一方で JINS 一強の現状は消費者としてはどうも危なげな気もしますし,医療器具というイメージから産業の空洞化的アレにも思いを馳せたりしつつ新しい眼鏡でこの記事を書いています。ま,とにかく良い眼鏡が安く手に入ってよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。