国民に対する国家の暖かな見守りによって平和と安全を実現するための穏健なる提案

著作権侵害サイト遮断 政府が導入検討、海外経由に対応  :日本経済新聞

 まだ確定した話ではありませんが,昨今の政治情勢を見る限り,きっと実現することでしょう。これはまさに私が待ち望んでいたものです。フィルタリング導入という第一歩に加え,同じフレームワークでの用途拡大という第二歩を踏み出すことによって,わが国のあるべき姿の実現への道筋が確固たるものになるのです。実現すれば,改正通信傍受法や特定秘密保護法と並び,わが国を守る強力な武器になることでしょう。
 
 この機会に,私の持つ意見と提案について述べましょう。
 
1. インターネットの監視・フィルタリングを推進せよ
 今やインターネットは人々の生活に欠かせないものとなりました。しかし,今のインターネットは美しい場所とはいえません。それどころか,あらゆる犯罪や悪徳が渦巻く,この世で最も醜悪な場となっています。それもただ醜いだけではありません。凶悪な犯罪者たちが違法な情報を得たり連絡を取り合ったりするのに使う,極めて危険で有害な場でもあるのです。残念ながらわが国では「通信の秘密」なる奇妙な概念が導入され,戦後はこれが金科玉条のように守られてきました。しかしこの概念は何の根拠も持ちません。時計の針を70年ほど戻せば,政府が国民の手紙や電話を監視することは当たり前でした。それによって危険人物をあぶり出し,テロを未然に防ぐことができ,社会の秩序安寧が保たれていたのです。また海外に目を向ければ,政府がすべての通信を監視することが合法である国は多く存在します。テクノロジーの進歩はあらゆる通信を自動で監視することを可能にし,手紙や電話を人の手で監視していた時代とは比べ物にならないほど有効な監視ができるようになっているのです。にもかかわらずわが国では,「通信の秘密」なる破綻した概念によって,今も恐ろしい犯罪者が野放しになっています。野放しになっている犯罪者が,明日にでも,他でもないあなたやあなたの大切な人を殺すかもしれないのです!
 期待できる動きもあります。その最たる例が冒頭で述べたフィルタリングです。これは本来憲法における「通信の秘密」に抵触しうる内容なのですが,リストの作成を民間組織に行わせる一方,その組織と政府との間で密接な関係を保ち,また他の選択肢を事実上取れなくすることによって,政府が直接監視するのと同様の効果を保ちつつ,電気通信事業者法の枠内の問題とすることができます。もともと児童ポルノ規制のために考案されたフレームワークですが,今の政治情勢であれば,著作権侵害の抑止も違法性阻却事由であると裁判所に認めさせることも,簡単ではないにしても必ず可能でしょう。その調子で次々対象を拡大していけばよいのです。しかも,これは極めて重要ですが,憲法であっても,規定のあまりに困難で不便な改正手続きを踏まずに事実上改正することはわけない,憲法など無視したとて大半の人はほとんど関心を寄せないということが明らかになっています。可能性はまさに無限大です。来たるべき新しい国の実現を前に,私は興奮を抑えられません。

2. 暗号化を禁止せよ
 暗号化! なんと恐ろしい響きでしょう。データを隠して一体どうしようというのでしょうか。Tor のように通信経路を秘匿化するものもありますが,これも同様に禁止すべきものです。誰もが知っているとおり,善良な人物は隠し事など持ちません。隠し事をする必要があるのは,詐欺師や殺人犯,危険思想の持ち主,生来の異常者のような反社会的な悪人だけです。データの暗号化などを試みる者は,外国のスパイやテロリスト,小児性愛者のような異常で社会と相容れない凶悪犯であることは論を俟ちません。むろん,業務上の要請など個人的ではない理由から,不本意ながらデータを隠さないといけない場合もあるでしょう。しかしその場合においても,政府に対しては当然全てを見せることができるはずです。もし万が一開示を拒むようなことがあれば,その組織は政府に対して隠し事をしなければならないということであり,実際には反社会勢力による偽装組織であると証明されます。
 政府によるバックドアのない暗号化技術を利用する者は凶悪な犯罪者だけであり,完全な秘密を持つことが許されるのは,国民の命を守る存在である政府だけです。一刻も早く暗号化を禁止し,違反者に重い刑罰を課すとともに容易に余罪を追求できるようにすることが必要です。なにも極端な話をしているわけではありません。世界第二位の経済大国も含む,多くの国で既に無許可での暗号化が違法となっています。監視後進国のわが国でそれが急には難しいというのであれば,捜査の対象となった者に対し全てのパスワード等の開示を義務付け,それを拒む場合に刑罰を課すという立法を早急に行うべきです。これは完璧ではないにせよ,国民の安全を守るための重要な一歩になることは間違いありません。

3. 予防的な家宅・身体捜索を実現せよ
 現行の制度では,残念ながら,確固たる証拠がないと有罪と断じることはできないことになっています。幸いわが国では「疑わしきは罰せず」といった頑迷な信条は一般には広まっていませんが,それでも司法の場でははっきりした証拠を示さねばなりません。インターネットに関連する犯罪についても,被疑者(これはもちろん犯人とほぼイコールです)のローカルのデータを調べる必要がある場合がほとんどでしょう。そこで役立つのが,予防的な捜索です。被疑者に感づかれれば,証拠を抹消されるかもしれません。少しでも疑念があれば予防的に捜索をするようにすることによって,犯罪の証拠を確実に発見,あるいは犯罪を未然に抑止できるようになります。たとえ犯罪を裏付ける証拠を得られなくとも,メールやチャットの記録を調べることによって他の潜在的な犯罪者もより容易に洗い出すことができるようになりますので,危険分子摘発の効率は飛躍的に向上します。
 素晴らしいことに,上で述べた内容は既に部分的に実現しています。それがいわゆる「別件逮捕・別件勾留」です。残念ながら一部の無責任なマスコミや国民の反発によって充分な効率は実現できていませんが,わが国の秩序は別件逮捕の存在によって保たれていると言ってよいでしょう。将来的には,警察が捜索を行うに先立って裁判所の令状が必要になるという「令状主義」の非効率性そのものを是正すべきですが,近年のわが国では司法が行政に反抗することはあまりありませんので,近いうちに制度改正なしに実質的な是正が実現することでしょう。
 憲法に違反する,という反論もあるでしょうが,それは誤りです。そもそも先述のように憲法の規定に実質的な意味は何もないということは置いておいても,公共の福祉(これはすなわち,全体の利益の前には個人の利益は無視できるという意味です。憲法学者は異なった見解を述べていますが,そのような現実を踏まえない机上の空論を顧みる必要はありません)によって,完全に合憲であることが明らかです。
 守るべきは犯罪者の権利ではありません。正しく生きる善良な一般人の権利です。

4. 雑多な意見を統制し,政府見解を世論とせよ
 私が常々心を痛めていることに,本来指導者たりえる分でないにもかかわらず,自分自身で考えたり,自分の意見を持ったり,あまつさえそれを発信したりする人々がいることがあります。このような行為は社会を徒に混乱させるだけです。血脈によるのか文化資本によるのかはさておき,人に支配する者と支配される者が存在しているのは,アリストテレスも述べているとおりです。近代以降,人は誰しも平等であるなどという危険思想が世界中に広まっています。わが国もまた例外ではなく,党のある幹部が指摘したように,天賦人権説のような誤った考え方が広く浸透しています。この元凶は教育にあり,わが国で最も権威ある新聞が報じたように,「立憲主義」について「権力を持つ者をしばる」と説明されるなど,極端に偏向した刷り込みが行われているのです。こうした誤った考えは国民の間から永久に消し去らなければなりません。国家的な意思決定に参加することができるのは,高い地位を持つ家庭に生まれたエリートだけです。幸い,党は初・中等教育の改革に成功しつつありますので,いずれ人々は分をわきまえて行動するようになるでしょう。
 
5. 党への国民の絶対の服従を実現せよ
 党は常に完全であり,誤りを犯すことはありません。これは,裏返せば,党に反発する者は常に誤っているということを意味します。それもただ単に誤っているだけではなく,敵国からやってきたスパイや,破壊活動家,思考犯や反逆者であることが殆どです。わが国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障を実現するためには,これらの危険分子を一掃し,また反逆の恐れがないほどに人々の党に対する忠誠を確固たるものにする必要があります。そのためにも,インターネット上の有害情報を遮断し,通信内容について検閲を推進し,インターネットに関連する違法行為の捜査を強化しなければなりません。この意見に反対する者はこの国には一人もいないでしょう。もし存在すれば,それは敵国のスパイかそれに類する善良な国民の敵に他ならず,即座に検挙せねばなりません。もちろん,この文章を読んでいるあなたも私の意見に全面的に同意してくれることでしょう。私は,あなたが党の方針に逆らうような愚を侵さず,善良で模範的な国民として生活することを望んでいます。ビッグ・ブラザーはあなたを見守っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。